メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

解剖学的構造と病気

-
-

人間の体は、きわめてうまく設計されています。人体の多くの器官は能力にかなりの余裕、余力があり、ダメージを受けても十分に機能を果たすことができます。たとえば肝臓は、その3分の2が破壊されるまでは深刻な状態になりません。また、片方の肺をすっかり取ってしまっても、もう一方の肺が正常に機能していれば死ぬことはありません。一方、わずかなダメージでも体の不調や症状の発現につながってしまう器官もあります。たとえば、脳卒中によって重要な脳組織が少しでも破壊されると、話すこと、手足を動かすこと、バランスを保つことなどができなくなります。心筋梗塞により心臓の組織が破壊されると、血液を送り出す能力がわずかに低下するだけの場合もあれば、死に至る場合もあります。

病気が解剖学的構造に影響を与えることは多く、構造の変化が病気の原因となることもあります。組織への血流が妨げられたりせき止められたりすると、心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞)でみられるように、組織が死んでしまいます。心臓の弁に異常があると、心臓の機能不全が起こります。皮膚に傷ができるとバリアとしての能力が低下し、感染の原因となります。癌のように細胞の異常な増殖が起こると、正常な組織が直接破壊されたり、組織を破壊するような圧力が生じたりします。

病気と解剖学的構造の間には深いかかわりがあり、体の内部がどうなっているかを調べる画像検査は病気の診断と治療の柱となっています。X線検査(レントゲン)の登場で医療のあり方は大きく変わり、医師は手術をしなくても体の内部を見て、内部構造を調べることができるようになりました。X線とコンピューターを組み合わせたX線CT(コンピューター断層撮影)検査も、大きな進歩をもたらしました。CT検査では、人体内部の詳細な断面像(2次元像)を得ることができます。

体内の構造を画像化する手法にはこのほか、音波を使用する超音波検査、磁場の中での原子の動きを利用したMRI(磁気共鳴画像)検査、体内に注入された放射性化学物質を用いる放射性核種スキャン(アイソトープ検査)などがあります(一般的な医学的検査を参照)。これらの手法では、手術と違って体を傷つけることなしに、体内を見ることができます。

本書での解剖学的構造の扱い

医療や健康について理解を深める上で、解剖学的構造を知っておくことはとても重要です。このため本書の多くのセクションでは、まず器官系の解剖学的構造について解説し、本文の説明をわかりやすく図示したイラストを添えています。さらに、カラー図版を集めたページを設け、人体の重要な特徴が一目でわかるように図示しています。

個人情報の取扱いご利用条件