メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

終末期を迎える

-
-

死を覚悟するということは、家族や友人との仲を整理し、死が避けられないことを受け入れ、生涯を閉じることを意味します。死期を迎えた患者と家族の多くで、精神的、宗教的な問題が重要になります。ケアチームのメンバーに聖職者がいるホスピスや病院施設もあります。患者と家族に、聖職者や精神的指導者の知り合いがいない場合は、プロの介護人が適切な精神的支えが得られるよう手助けをしてくれます。

深い悲しみを感じるのは正常な過程で、予期された死が訪れる前に始まります。死と終末期研究の先駆者、エリザベス・キューブラー・ロス氏によれば、死期を迎えた人は典型的に、拒絶、怒り、交渉、うつ、受容の5つの感情段階をこの順番で経験します。拒絶期の人は、自分が死ぬことはないかのように行動し、話し、考えます。拒絶の感情は、コントロールを失くすこと、愛する者から別れねばならないこと、未来が不確かなこと、苦悩することを恐れるために生じます。医師や医療専門家と話し合うことにより、コントロールはまだ自分の手の中にあり、痛みや症状もコントロール可能なことを理解できます。怒りは、「なぜ私が?」と不公平を感じる気持ちとして現れます。交渉は死を論理的に考えているしるしで、患者は時間を求めるようになります。交渉などの対応がうまくいっていないことがわかると、うつが生じます。受容の感情は、運命との直面と表現されることもありますが、家族、友人、ケア提供者と話し合った後に現れます。

死を覚悟するのは辛いことで、頻繁な感情の浮き沈みを伴います。しかしたいていの人にとって、死を覚悟することは、新たな理解に達し、成長することでもあります。過去の痛みを忘れ、関係を修復することにより、死にゆく人と家族は心の平安を得ることができます。

個人情報の取扱いご利用条件