メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

プラセボとは何か

-
-

プラセボは薬と同じにみえるよう作られた物質ですが、薬の成分は入っていません。

プラセボは本物の薬とそっくりにみえますが、デンプンや砂糖のような不活性物質でできています。主に調査研究で用いられています。

プラセボは、結果的にまたは偶発的にさまざまな変化を体にもたらし、それらには望ましいものも望ましくないものもあります。この現象をプラセボ効果といいますが、それには2つの要素がかかわっているようです。薬の服用による楽観的な結果の期待(被暗示性ともいう)と、自然発生的な変化の2つです。人は治療しなくても自然に良くなることがあるものです。プラセボの服用後に自然に変化が起こった場合、それが良い結果だからとプラセボをほめるのも、逆に悪い結果についてプラセボを非難するのも不適切です。

他の人よりもプラセボ効果を生じやすい人もいるようです。薬や医師、看護師、病院に対して肯定的な意見をもつ人は、否定的な意見をもつ人よりプラセボに好ましい反応を示す傾向があります。プラセボの影響をとりわけ受けやすい一部の人は、薬の強迫的な使用に陥りやすい傾向があります。薬(プラセボ)の使用量が増えていき、取り上げられると禁断症状を起こすことまであります。

新薬を開発するとき、研究者は薬の効果とプラセボの効果を比較する試験を行います。どんな薬でもその作用とは関係なくプラセボ効果をもつ可能性があるからです。本当の薬の効果とプラセボ効果とは区別しなければなりません。試験の参加者の半数には薬を投与し、残りの半数には同じようにみえるプラセボを投与します。参加者も研究者もだれが薬を服用し、だれがプラセボを服用したかを知らないのが理想的です。この種の試験を二重盲検試験といいます。

試験が完了すると、薬を服用した参加者に認められたすべての変化を、プラセボを服用した参加者の変化と比較します。その薬の使用を正当化するには、その薬の働きがプラセボよりも有意に優れていなければなりません。試験によっては、プラセボを服用した参加者の50%もの人が改善を示すことがあり(プラセボ効果の1例)、テストする薬の有効性を立証する難しさを浮き彫りにしています。

プラセボとは

プラセボとはラテン語で、「私は満足するでしょう」という意味です。1785年に、プラセボという言葉が「ありふれた方法あるいは薬」として初めて医学辞典に載りました。この辞典の2回改訂された後の版では、プラセボは効果も害もないらしい「気休め薬」となりました。現在では、プラセボ(偽薬)による効果には良いものも悪いものも両方あることが知られています。

個人情報の取扱いご利用条件