メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

薬が体に対してどのように働きかけるかを扱うのが、薬力学という分野です。

薬力学では、痛みの緩和や血圧降下といった薬の治療効果と、薬の副作用を明らかにします。また、薬が体のどこに(部位)、どのように(機序)作用するかについてもこの分野で扱います。生体への薬の効果は、年齢(高齢者の服薬上の注意を参照)や遺伝子構成、治療中のもの以外の病気などさまざまな因子の影響を受けます(薬に対する反応に影響する因子: はじめにを参照)。

個人情報の取扱いご利用条件