メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

サプリメントと薬の相互作用

-
-

薬と同じ時間帯に栄養補助食品(サプリメント、ハーブなど)などを摂取すると、それらとの相互作用によって薬の効果が変化することがあり、注意が必要です。

サプリメントや機能性食品は、ビタミンやミネラル、アミノ酸、ハーブを含有する製品(タバコを除く)で、通常の食事を補うことを目的としています(ハーブとサプリメント: はじめにを参照)。これらの製品は食品として規制されているものですが、処方薬や市販薬と相互作用することがあります(薬との相互作用のおそれがある主なハーブを参照)。サプリメントなどを摂取している人は、相互作用を避けるためにもそのことを医師や薬剤師に話しておくべきです。

個人情報の取扱いご利用条件