メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

薬と食品の相互作用

-
-

薬と同じ時間帯に食品や飲みものを摂取すると、飲食物との相互作用によって薬の効果が変化することがあり、注意が必要です。

口から服用した内服薬は、食べものと同様に胃や小腸の内壁から吸収されます。このため、消化管内に食べものがあると、薬の吸収が低下することがあります。こうした相互作用は、食事の1時間前か2時間後に薬を服用すればほとんど避けられます。

薬と食品の相互作用の例

影響のある薬

相互作用する食品

相互作用

アレンドロン酸 あらゆる食品 すべての飲食物はアレンドロン酸の吸収と効果を著しく低下させることがあり、オレンジジュースやコーヒー、ミネラルウオーターでさえ例外ではない。アレンドロン酸は1日の最初の食事、飲みもの、薬のいずれかを摂取する少なくとも30分前に、真水とともに服用する
抗凝固薬 ビタミンKを多く含む食品(ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草、ケールなど) これらの食品はワルファリンなど抗凝固薬の効果を低下させ、血栓の発症リスクを高めるおそれがあるため、摂取を控え、毎日の消費量を一定量以下に保つ
  • 一部のベンゾジアゼピン系薬(トリアゾラムなど)
  • カルシウム拮抗薬(フェロジピン、ニフェジピン、ニソルジピンなど)
  • シクロスポリン
  • エストロゲンや経口避妊薬
  • HMG-CoA還元酵素阻害薬の一部(アトルバスタチン、ロバスタチン、シンバスタチンなど)
グレープフルーツジュース グレープフルーツジュースは薬の代謝にかかわる酵素を阻害し、ある種の薬の効果を強める。左記以外にも多くの薬に影響あり
ジゴキシン オートミール オートミールなどのシリアルに含まれる食物繊維は、大量に摂取するとジゴキシンの吸収を阻害することがある
MAO阻害薬(フェネルジン、トラニルシプロミンなど) チラミンを多く含む食品:各種のチーズ(米国産プロセスチーズ、チェダー、ブルー、ブリー、モッツァレラ、パルメザンなど)、ヨーグルト、サワークリーム、加工肉(ソーセージ、サラミなど)、レバー、魚の干物、キャビア、アボカド、バナナ、酵母エキス、レーズン、ザワークラウト、しょうゆ、ソラマメ、赤ワイン、ビール。カフェインを含む製品 MAO阻害薬(うつ病の治療によく使われる)を服用中の患者がこれらの食品を食べると、激しい頭痛と高血圧クリーゼのような命にかかわる血圧上昇が起ることがあるため、リスクのある食品は避ける
テトラサイクリン カルシウム、またはカルシウムを多く含む食品(牛乳、乳製品など) これらの食品はテトラサイクリンの吸収を低下させることがある。テトラサイクリンは食事の1時間前か2時間後に服用することが推奨される

個人情報の取扱いご利用条件