メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

1900年代初頭にドイツの科学者ポール・エールリヒは、理想的な薬とは、現実には存在しない「魔法の弾丸」のようなものだと述べました。ここでの理想的な薬とは、病気の部位に正確に狙いを定め、健康な組織は傷つけないものを意味しています。新薬の多くは、すでにある薬よりも正確な狙いを目指していますが、まだ現在のところ、正確に標的に命中した薬はありません。

大半の薬にはいくつかの作用がありますが、病気の治療で薬に通常期待される唯一の働きは、治療効果です。本質的に有害であるかどうかにかかわらず、それ以外の効果は望ましくないものとみなされます。たとえば、ある種の抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状をコントロールする一方で眠気を生じさせます。抗ヒスタミン薬が入った市販の睡眠補助薬を服用したときの眠気は、治療効果とみなされますが、アレルギー症状をコントロールする目的で日中に抗ヒスタミン薬を服用したときの眠気は、余計な望ましくない効果とみなされます。

医療関係者を含めて多くの人は望ましくない効果を「副作用」と呼んでいます(薬の有害事象ともいう)。望ましくない、不快で毒性のある、潜在的に有害な薬の効果を表わす専門用語としては、薬の有害反応の方が適切です。

薬の有害反応はよく起こりますが、これは驚くにはあたりません。そのほとんどは比較的軽度で、多くは薬の服用を中止したり、投与量を変えたりすると治まるものです。体が薬に順応するにつれて次第に軽快するものもありますが、深刻で長く続くものもあります。米国では入院の3〜7%が、薬の有害反応の治療によるものと推定されています。1回の入院あたり、薬の有害反応が少なくとも1つ起きるリスクは10〜20%です。

大半の薬は口から服用して消化管を通り抜けるため、薬の有害反応として特に多いのが食欲不振や吐き気、腹部膨満感、便秘、下痢といった消化器の障害です。しかし、ほとんどどの臓器系でも影響を受ける可能性があります。高齢者は脳に影響を受けやすく、眠気や錯乱に陥ることがあります。

薬による重大な有害反応の例

薬による有害反応

薬の種類

消化性潰瘍または胃からの出血 コルチコステロイドの内服薬または注射薬(皮膚に塗布するクリームやローション剤では起こらない)
  • ヒドロコルチゾン
  • プレドニゾロン
  非ステロイド性抗炎症薬
  • アスピリン
  • イブプロフェン
  • ケトプロフェン
  • ナプロキセン
  抗凝固薬
  • ヘパリン
  • ワルファリン
貧血(赤血球産生の減少または赤血球破壊の増大による) 特定の抗生物質 クロラムフェニコール
  一部の非ステロイド性抗炎症薬 フェニルブタゾン(米国では利用不可)
  抗マラリア薬、抗結核薬(G6PD酵素欠損症の人に投与した場合)
  • クロロキン
  • イソニアジド
  • プリマキン
白血球産生の減少と感染症のリスク増大 特定の抗精神病薬 クロザピン
  癌の化学療法薬
  • シクロホスファミド
  • メルカプトプリン
  • メトトレキサート
  • ビンブラスチン
  一部の甲状腺疾患治療薬 プロピルチオウラシル
肝障害 一部の鎮痛薬 アセトアミノフェン(過量摂取時)
 
  • 一部の抗結核薬
  • 鉄分を含むサプリメントの過量摂取時
イソニアジド
腎障害 非ステロイド性抗炎症薬 (繰り返し過量摂取した場合)
  • イブプロフェン
  • ケトプロフェン
  • ナプロキセン
  アミノグリコシド系抗生物質
  • ゲンタマイシン
  • カナマイシン
  一部の化学療法薬 シスプラチン
錯乱や眠気 多くの抗ヒスタミン薬を含む鎮静薬 ジフェンヒドラミン
  抗うつ薬(特に高齢者の場合)
  • アミトリプチリン
  • イミプラミン

個人情報の取扱いご利用条件