メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

有害反応のタイプ

-
-

薬の有害反応の多くは、薬による治療効果の行きすぎに相当します(1型、または過剰摂取反応と呼ばれる)。たとえば、高血圧を下げる薬を服用する人が薬で血圧を下げすぎると、めまいや立ちくらみを起こすことがあります。糖尿病の人がインスリンや経口の抗糖尿病薬で血糖値を下げすぎると、脱力感や発汗、吐き気、動悸(どうき)を起こすことがあります。このタイプの有害反応は、通常は予測可能ですが、ときには避けられないことがあります。1型反応は薬の投与量が多すぎる場合や、薬に対して異常に敏感だった場合、最初の薬の代謝が別の薬によって遅くなったために血中濃度が上昇した場合、などに起こります(薬に対する反応に影響する因子: 薬と薬の相互作用を参照)。1型反応は比較的よくみられますが、深刻ではありません。

現在まだわかっていない機序による有害反応もあります(2型、または特異体質反応と呼ばれる)。このタイプの有害反応はおおむね予測不能です。この有害反応の例としては、皮膚発疹や黄疸、貧血、白血球数の減少、腎臓障害、視覚や聴覚を損なうこともある神経損傷などがあります。これらの反応は重症になりがちですが、一般にごく少数の人にしか起こりません。このような人たちは体内での薬の代謝のしかたや反応のしかたに遺伝的な違いがあって、薬に対してアレルギーを示したり、過敏になったりすると考えられています。

関与する機序が大体わかっていれば、薬の治療効果に関係のない有害反応であっても、通常は予測することができます。たとえば、胃の刺激と出血は、アスピリンその他の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を恒常的に服用する人にしばしばみられます(痛み: 非ステロイド性抗炎症薬を参照)。これらの薬は、胃酸から消化管を守るのに役立つプロスタグランジンの生成を抑えてしまいます。

個人情報の取扱いご利用条件