メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

有害反応の重症度

-
-

有害反応の重症度を記述または測定するための共通の尺度はありません。おおむね主観的な評価により、軽度、中等度、重度で反応の程度を表します。

軽度で深刻でない有害反応とされるものには、消化不良、頭痛、疲労、漠然とした筋肉痛、けん怠感(病気または不快感の全身症状)、睡眠パターンの変化などが挙げられます。しかし、こうした副作用はこれらの症状を経験する人にとっては非常につらいものです。その結果、指示された通りに薬を服用する意欲がなくなり、治療目的を果たせなくなってしまうこともあります。

普通は軽度とされる反応でも、これらの症状を経験している患者が、明らかに困っていたり、つらかったり、耐えがたいと感じている場合は、中等度とみなされます。その他の中等度の有害反応としては、皮膚の発疹(特に広範囲で持続性のもの)、視覚障害(特に矯正用レンズを装着している人の場合)、筋肉のふるえ、排尿困難(多くの薬で高齢男性への副作用としてみられる)、情緒または精神機能のそれとわかるほどの変化、白血球数やブドウ糖のような物質の血中濃度の一時的な可逆的減少などの血液成分の変化などが挙げられます。

軽度もしくは中等度の有害反応の場合、特に代わりに使える適切な薬がなければ、必ずしも服薬を中止する必要はありません。しかし、医師が投与量、投与頻度(1日あたりの投与回数)、投薬のタイミング(食前または食後、朝または就寝時など)を見直すことはあります。便秘を緩和するための便軟化薬など、有害反応のコントロールに別の薬を使うこともあります。

重度の有害反応としては、肝不全や不整脈など生命にかかわるもの、永続的で重大な障害をもたらすもの、入院を要するもの、先天異常を起こすものが挙げられます。重度の有害反応は比較的まれです。重度の有害反応を起こした人は、薬の使用をやめ、治療しなければなりません。しかしながら、ときには癌(がん)患者に対する化学療法薬や臓器移植を受けた患者に対する免疫抑制薬など、リスクが高い薬の投与を続けなければならないこともあります。医師は薬の重大な有害反応を抑えるために、考えられる限りの手段を尽くします。

個人情報の取扱いご利用条件