メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

有害反応はどんな場合に起きやすいか

-
-

薬の有害反応の危険性を増す要因には、さまざまなものがあります。こうした危険因子には、複数の薬の併用、乳幼児、高齢者、妊娠、授乳などがあります。遺伝的要因によって特定の薬の毒性作用を受けやすい人もいます。特定の病気が薬の吸収や代謝、排出、体の薬物応答性を変えてしまい(薬に対する反応に影響する因子: 薬と病気の相互作用を参照)、有害反応のリスクを高めることがあります。治療を受ける側の心構えや先行きの展望、自信、医療関係者への信頼といった精神的な要因と体との相互作用が薬の有害反応に及ぼす影響については、まだほとんど明らかになっていません。

複数の薬の使用

処方薬であれ市販薬であれ、複数の薬を同時に併用することは、薬の有害反応をもたらすリスクの1つといえます。服用した薬の数が増えるにつれて、起こりうる薬の有害反応の数と重症度は増大していきます。アルコールは厳密には薬物で、その使用もまたリスクを高めます。医師や薬剤師に服用しているすべての薬を定期的に見直し、適切な調整をしてもらうようにすれば、有害反応のリスクを減らすことができます。

年齢

乳児や幼児は薬を代謝する能力が十分に発達していないことから、薬の有害反応にさらされるリスクが高くなります。たとえば、新生児は抗生物質のクロラムフェニコールを代謝、排泄できません。この薬を投与された新生児は、重症で致死的な反応をもたらすグレイベイビー症候群を発症するおそれがあります。別の抗生物質であるテトラサイクリンを歯の形成時に(8歳ごろまで)乳児や幼児に投与すると、歯のエナメル質が永久に変色してしまうことがあります。18歳未満の小児がインフルエンザや水ぼうそう(水痘)にかかっているときに、アスピリンを投与するとライ症候群を発症することがあります。

高齢者も、いくつかの理由で有害反応を起こすリスクが高い人たちです(高齢者の服薬上の注意を参照)。さまざまな健康上の問題を抱えているため、複数の処方薬や市販薬を服用しがちです。年をとると、肝臓が多くの薬をうまく代謝できなくなる(薬の投与法と体内での動き: 薬の代謝を参照)とともに、腎臓が薬を体内からうまく排泄できなくなり、薬やその他の有害反応で腎臓が損傷を受けるリスクが高くなります。こうした加齢に伴う問題は、年をとると多くなりがちな栄養不良や脱水によって悪化することがあります。

また、高齢者はさまざまな薬の効果に敏感になるので、立ちくらみや錯乱、協調運動障害を来す可能性が高く、転倒して骨折するおそれがあります。こうした反応を引き起こす薬には、多くの抗ヒスタミン薬や睡眠薬、抗不安薬、降圧薬、抗うつ薬などがあります(高齢者でリスクが高くなる主な薬を参照)。

妊娠と授乳

多くの薬は、たとえば、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬のような降圧薬は、胎児の健康と正常な発達に危険をもたらします。妊婦は可能な限り、特に12週までの妊娠初期は薬を服用すべきではありません(妊娠中に障害を起こすおそれのある主な薬*を参照)。しかしながら、ACE阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬など、一部の薬は妊娠後期(25週以降)にリスクが最大になります。妊娠中に処方薬や市販薬、栄養補助食品(サプリメント、ハーブなど)を使用する場合はいずれも、医師に相談する必要があります。社会的に容認されている薬物(アルコールやニコチン)や違法薬物(コカインやヘロインなどのオピオイド)も、妊娠中の女性および胎児に危険をもたらします。

薬やハーブの成分は母乳を通じて乳児に摂取されます(授乳中に使える薬と使えない薬を参照)。授乳中の女性には服用すべきでない薬と、医師の管理下で使える薬があります。通常は乳児に害を与えない薬もありますが、授乳中の女性は薬を服用する前に、医療関係者に相談した方がよいでしょう。社会的に容認されている薬物も違法薬物も乳児に害を与えるおそれがあります。

個人情報の取扱いご利用条件