メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

制酸薬と消化不良の薬

-
-

胸やけ、消化不良、胃のむかつきは、消化器の不調を表現するのに使用される多くの用語のうちの数例です。消化不良の自己診断は危険です。なぜなら、その原因は軽い食べすぎや飲みすぎから、消化性潰瘍疾患や胃癌に至るまで、さまざまだからです。ときには心臓病の症状が急性の消化不良に似ている場合もあります。症状が2週間以上続くような場合は、医師の診察を受けた方がよいでしょう。

消化不良の治療目的は、胃酸の産生を抑えるか、あるいは胃酸を中和することです。シメチジン、ファモチジン、ニザチジン、ラニチジンなどのヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)は、胃内に分泌される酸の量を減らすことによって胸やけを抑制するのに役立ちます。制酸薬は胃酸を中和します。制酸薬は胃酸を完全に中和することはできませんが、胃の中の酸性度をpH2(超酸性)からpH3〜4程度まで上げることができます。胃酸の中和によるpHの上昇効果は約99%に起こり、ほとんどの人の症状が有意に改善します。制酸薬はH2ブロッカーよりも速く症状を軽減しますが、H2ブロッカーは長期にわたる緩和をもたらします。

ほとんどの制酸薬製品には、アルミニウム塩、マグネシウム塩、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウムの4つの有効成分のうち1つ以上が含まれています。どの製品も、1分もしないうちに症状を緩和しますが、効き目がどのくらい長続きするかは製品によって違い、わずか約10分のものから1時間半のものまであります。

制酸薬は多種多様な処方薬と相互作用することがあるので、制酸薬を服用する場合は、その前に薬剤師に相談した方がよいでしょう。心臓病、高血圧、腎臓障害がある人は制酸薬を選ぶ前に、医師に相談した方がよいでしょう。H2ブロッカー、シメチジンも一部の処方薬と相互作用することがあります。したがって、シメチジンを使用する場合は、その使用状況を医師または薬剤師にチェックしてもらった方がよいでしょう。

アルミニウムとマグネシウム

アルミニウム塩とマグネシウム塩の両方を含む制酸薬は、1つの成分がもう1つの成分を補うので、かつては理想的と考えられていました。胃の中でゆっくり溶けるアルミニウム塩は、徐々に効きはじめて長時間にわたって中和を持続できます。アルミニウム塩は便秘の原因にもなります。マグネシウム塩は速く作用して酸を効率的に中和します。マグネシウム塩は下剤としても利用できます。両方の成分を含む制酸薬は、素早くしかも長く効き、下痢や便秘を起こす危険性が少ないというわけです。しかしながら、アルミニウム塩を含む制酸薬の長期使用時の安全性には疑問があります。使用が長びくと、体からリンとカルシウムを奪って骨を弱くすることがあるからです。

f炭酸カルシウム

炭酸カルシウム、つまりチョークは長い間制酸薬の中心的な存在でした。炭酸カルシウムは速く作用して比較的長い時間、酸を中和します。炭酸カルシウムはまた、費用の安いカルシウム源です。1錠または1回あたりの投与量は500〜1000ミリグラムです。しかし、カルシウムを過剰摂取することがあります(ミネラルと電解質: カルシウムを参照)。医師の指示がない限り、毎日の最大摂取量が2000ミリグラムを超えないようにすべきです。

炭酸水素ナトリウム

最も低価格で最も手に入りやすい制酸薬の1つは、身近な台所の戸棚の中にあります。炭酸水素ナトリウム、つまり重曹(ベーキングソーダ)は酸を素早く中和します。重曹の使用に伴うげっぷはこの制酸薬が効いているという印です。げっぷは制酸薬が酸を中和するときに発生する炭酸ガスの放出によって生じます。

炭酸水素ナトリウムは消化不良を短時間で解消しますが、炭酸水素塩が多すぎると体の酸塩基平衡が大幅に損なわれ、代謝性アルカローシスを起こすことがあります(酸塩基平衡: アルカローシスを参照)。またナトリウムの含有量が多いと、心不全や高血圧の人に問題を起こすことがあります。

個人情報の取扱いご利用条件