メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ピコリン酸クロム

-
-

背景: クロムは体に少量だけ必要なミネラルです。クロムは、インスリンの機能を正常に保ち、体が炭水化物や脂肪を代謝するプロセスに役立ちます。良質のクロム摂取源にはニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー、全粒粉の製品、糖蜜などがあります。サプリメントにはクロムとともに、アミノ酸のトリプトファンの副産物であるピコリン酸が配合されています。これはピコリン酸が、体がクロムをより効率的に吸収するのに役立つとされているからです。

薬効: ピコリン酸クロム(クロミウムピコリネート)のサプリメントは減量を促進し、筋肉を増強し、体脂肪を減少させ、インスリンの機能を強化するとされていますが、これらの効果は証明されていません。コレステロールと中性脂肪の値を下げる働きも期待されています。

可能性のある副作用: ピコリン酸クロムは、染色体を損傷して癌を引き起こす可能性があることを示唆する若干の証拠があります。

個人情報の取扱いご利用条件