メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ナツシロギク(フィーバーフュー)

-
-

背景: ナツシロギクは低木状の多年生ハーブです。バルテノライドと配糖体がその有効成分と考えられています。

薬効: ナツシロギクは片頭痛を防ぐのに使用されています。炎症を抑える作用もあります。また、血小板(血液のかたまりを形成して出血を止めるのに役立つ血液中の細胞様粒子)の凝固傾向を抑制する作用もあります。比較的小規模ながら綿密に計画された3つの試験のうち2つの試験から得られた証拠が、これらの効果を裏づけています。研究結果の違いは、使用されたナツシロギクの剤形の違いを反映していることがあります。関節炎の患者に対する試験では、ナツシロギクは症状を緩和しませんでした。

可能性のある副作用: 口内炎や皮膚炎を起こすことがあります。味覚が変わったり、心拍数が増えることもあります。ナツシロギクは、片頭痛の治療薬、抗凝固薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と相互作用することがあります。鉄分の吸収を抑制する作用もあります。小児や妊婦、授乳中の女性には、ナツシロギクは勧められません。

個人情報の取扱いご利用条件