メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ニンニク

-
-

背景: ニンニク(ガーリック)は長い間料理や薬に使われてきました。ニンニクの球根を切るかつぶすと、アリシンと呼ばれるアミノ酸の副産物が放出されます。アリシンがニンニクの強いにおいと薬効特性の原因です。

薬効: ニンニクは血小板の凝固傾向を抑制します。ニンニクは細菌などの微生物の繁殖を止めるため、防腐剤や抗菌薬として利用できます。ニンニクを大量摂取すると、血圧や腸の過剰運動を抑え、血糖値をやや下げることがあります。ニンニクの支持者は、ニンニクが低比重リポタンパク(LDL)コレステロール濃度、つまり悪玉コレステロール値を下げると提唱していますが、少なくとも1つの綿密に計画された試験では、この薬効は支持されていません。ほとんどの試験では古いニンニクのエキスを使っていました。ほとんどあるいはまったくにおいのない製剤には活性がないので、さらに研究する必要があるでしょう。

可能性のある副作用: ニンニクは息や体がニンニク臭くなるほかは、一般に無害です。しかし、大量に取ると、吐き気や、口、食道、胃に灼熱感をもたらすことがあります。抗凝固薬と相互作用するおそれもあります。

個人情報の取扱いご利用条件