メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

低血圧とは、めまいや失神などの症状が出現するほど、血圧が低い状態です。正常な場合、体は動脈内の血圧を狭い一定の範囲内に維持しています。血圧が高くなりすぎると、血管が損傷し、ときには破裂して出血や他の合併症を引き起こします。血圧が低くなりすぎると、全身に十分な血液が供給されなくなり、結果的に細胞は十分な酸素や栄養素を受け取れず、老廃物もうまく除去できなくなります。それでも、低血圧は高血圧よりもよいと一般的にはいわれています。安静時血圧が低いながらも正常範囲内にとどまる健康な人は、正常範囲内で高めの血圧の人よりも長生きする傾向があります。

体には、血圧を調節するいくつかのしくみ(高血圧: 体の血圧調節を参照)があります。それによって、静脈や細動脈の内径、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)、血管内の血液の量などを変化させます。これらのしくみによって、運動や睡眠など、日常的な活動の間に高くなったり低くなったりした血圧を正常に戻します。

静脈は、拡張したり収縮したりして、保持する血液の量を変化させます。静脈が収縮すると、保持できる血液の量が減るため、より多くの血液が動脈内に流れこみ、結果的に血圧が上昇します。逆に、静脈が拡張すると保持できる血液の量が増えるため、動脈内に押し出される血液の量が減って、結果的に血圧が低下します。

細動脈も拡張したり収縮したりします。細動脈が収縮すればするほど、血流への抵抗が強まって血圧が上昇します。細動脈が収縮する、つまり内径が小さくなると血圧が上昇するのは、狭い内腔を血液が通過するために、より強い圧力が必要となるからです。逆に、細動脈が拡張すると血流への抵抗が弱まって血圧が低下します。

動脈内の血流への抵抗が一定である限りは、1分間に心臓が送り出す血液の量(心拍出量)が増えれば増えるほど、血圧は上昇します。体は心拍数を遅くしたり速くしたり、あるいは心臓の収縮を弱めたり強めたりすることによって、それぞれの拍動の間に送り出す血液の量を変化させます。

動脈内の血流への抵抗が一定である限りは、血管内の血液量が増えれば増えるほど血圧は上昇します。血液量を増やしたり減らしたりするために、腎臓は尿中に排出する体液の量を調節します。

これらの代償機構は、センサーとして働く特殊な細胞によって活性化され、この細胞は圧受容体と呼ばれます。圧受容体は動脈内部にあり、常に血圧を監視しています。特に重要な働きをしているのは、首と胸にある圧受容体です。センサーが血圧の変化を検出すると、圧受容体によって、代償機構の1つの変化が誘発され、血圧は一定に保たれます。神経は、これらのセンサーや脳からの信号を代償機構を調節するいくつかの重要な器官に伝えます。

  • 心臓は心拍の速さと強さを変えるよう指示される。つまり心拍出量が変わる。これは最も早く働く代償機構で、血圧は急速に正常に戻る。
  • 細動脈は収縮あるいは拡張するよう指示される。つまり血管の抵抗が変化する。
  • 静脈は収縮あるいは拡張するよう指示される。つまり、保持できる血液の量が変化する。
  • 腎臓は体液の排出量を変化させるよう指示される。つまり、血管内を流れる血液の量が変化する。この変化は効果が出るまでに長い時間がかかるので、血圧を調節する最も遅い代償機構である。

たとえば、出血すると血液量が減って血圧が低下します。このような場合、センサーは血圧が下がりすぎないように代償機構を活性化させます。たとえば、心拍数が増えて心拍出量が増加し、静脈が収縮して保持する血液量を減少させ、細動脈が収縮して血流への抵抗を強めます。出血が止まれば、体のほかの部位から体液が血管内へ移動するため、血液量も、つまり血圧も回復し始めます。腎臓は尿の生成量を減らし、血管になるべく多くの体液が戻るよう体内に水分をためます。最終的には、骨髄と脾臓が新しい血球を産生し、血液量は完全に回復します。

しかし、これらの代償機構には限界があります。たとえば、急速に大量の血液が失われるような場合、代償機構は急には十分に働くことができず、血圧は低下します。

原因

さまざまな障害や薬によって代償機構が十分に働かなくなるために、低血圧が生じることがあります。たとえば、心臓発作、心臓弁障害、頻脈(心拍が非常に速くなる)、徐脈(心拍が非常に遅くなる)、不整脈などの心疾患が生じると、心拍出量は減少します。これらの障害は心臓の機能に損傷を与えます。細菌感染症にかかると、細菌が産生する毒素によって細動脈が拡張することがあります。脱水症、出血、腎障害によって、血液量が減少します。一部の腎障害は、血管に体液を戻す腎機能が損傷し、結果として大量の体液が尿中に排出されます。反対に腎不全では、腎臓が血液から体液を取り除くことができなくなり、水分過剰となって血圧を上昇させます。神経障害(自律神経機能不全)によって、圧受容体と、代償機構を調節する器官の間の信号の伝達が障害される場合があります。さらに、年をとるにつれて血圧の変化に対する代償機能の反応が遅くなります。

症状

血圧が下がりすぎた場合、最初に機能不全になるのはたいてい脳です。脳は体の最も高い位置にあり、脳に血液を供給するには重力に逆らわなければならないからです。その結果、低血圧の人は立ち上がったときにめまいや立ちくらみを感じることが多く、中には失神する人さえいます。失神して床に倒れると、脳と心臓の高さが同じになります。結果として、血液は重力に逆らわずに脳へ流れることができるようになり、脳への血流量が増え、脳が損傷するのを防ぎます。しかし、血圧があまりに低くなると、脳が損傷するのを防ぎきれなくなります。

低血圧ではたまに、息切れや狭心症(心筋に血液が十分に供給されないことによる胸痛)が起こります。

血圧がきわめて低くなったまま元に戻らないと、すべての臓器が機能不全になります。この状態をショック(ショックを参照)といいます。

低血圧を起こす障害は、ほかにも多くの症状を起こしますが、それは低血圧による症状ではありません。たとえば、感染症による発熱は、低血圧の症状ではありません。

体の代償機構が、低下した血圧を上昇させようとするとき、何らかの症状が生じます。たとえば、細動脈が収縮するとき、皮膚や手足への血流が少なくなるため、これらの部位は冷えて青ざめます。心臓が速く強く迫動するときには動悸(どうき)を感じます。

低血圧の主な原因

代償機構の変化

原因

心拍出量の減少
  • 不整脈
  • 心筋障害あるいは機能不全(心臓発作やウイルス感染症などによる)
  • 心臓弁障害
  • 肺浮腫
血管の拡張
  • アルコール
  • アミトリプチリンなどの抗うつ薬
  • 血管拡張作用のある降圧薬(カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬など)
  • 硝酸薬
  • 細菌感染症
  • 熱にさらされる
  • 神経障害(糖尿病、アミロイドーシス、脊髄損傷などによる)
血液量の減少
  • 下痢
  • 利尿薬(フロセミド、ヒドロクロロチアジドなど)
  • 多量の出血
  • 多量の汗
  • 多量の尿(無治療の糖尿病やアジソン病でよくみられる症状)
脳の血圧調節機構の阻害
  • アルコール
  • 抗うつ薬
  • メチルドパ、クロニジンなどの降圧薬
  • バルビツール酸
自律神経系の障害
  • アミロイドーシス
  • 糖尿病
  • 多系統萎縮症(シャイ‐ドレーガー症候群)
  • パーキンソン病

個人情報の取扱いご利用条件