メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

心房細動と心房粗動

-
-

心房細動と心房粗動は、非常に速い電気刺激によって、心房が非常に速く収縮している状態に加え、さらに一部の電気刺激が心室に達するため、心室も正常よりも速く、非効率的に収縮している状態です。

心房細動と心房粗動は、高齢者に多くみられます。

心房細動と心房粗動は、間欠的に起こる場合も、持続的に起こる場合もあります。心房細動と心房粗動では、心房の収縮があまりにも速いために、心房壁がふるえ、その結果、血液を効率よく心室へ送り出せなくなっています。心房細動では、心房の調律が不規則になるため、心室の調律も不規則になります。心房粗動では、心房の調律は規則的ですが、心室の調律は規則的な場合も、不規則な場合もあります。心房細動でも、心房粗動でも、房室結節は速い速度で電気刺激を伝導できないため、心房からは一部の電気刺激だけしか心室に伝わらず、心室の拍動は心房よりも遅くなります。もともと心室の拍動が心房より遅いとはいえ、それよりもさらに遅くなるので、心室は血液を完全に満たすことができず、それゆえに心臓は効率良く血液を送り出すことができず、血圧が低下して、心不全が起こります。

写真

心電図:心房細動

心電図:心房細動
写真

心電図:心房粗動

心電図:心房粗動

心房細動や心房粗動では、心拍間に心房が完全に空になることはありません。時間がたつにしたがって、心房内に残った血液がよどみ、血液のかたまりが形成されることがあります。このような血液のかたまりは、心房細動が改善し、正常洞調律に戻った直後に、自然であれ、治療の結果であれ、砕かれることがあります。このような破片(塞栓)は左心室を通り、血流に乗って移動し、細動脈に詰まる可能性があります。塞栓が脳の動脈に詰まると脳卒中が起こります。まれに、脳卒中が心房細動や心房粗動の最初の徴候になることがあります。

心房細動や心房粗動は、心疾患の徴候が何もなくても起こります。しかし、これらは、リウマチ熱、高血圧、冠動脈疾患、アルコール依存、甲状腺機能亢進症、先天性心疾患などがみられる場合は頻繁に起こります。心臓弁に障害を引き起こすリウマチ熱や高血圧では、心房が拡張するために心房細動や心房粗動の起こる可能性が高くなります。

症状と診断

心房細動と心房粗動の症状は、心室がどのくらい速く拍動するかによって主に決まります。心室の拍動数が増えても、1分間あたり約120回未満であれば症状は現れません。それ以上に心室の拍動数が速くなると、不快な動悸や胸部不快感を感じるようになります。

心房細動の場合には、脈は不規則で普通より速くなります。心房粗動の場合には、脈は規則的ですが、速くなります。

心臓が血液を送り出すポンプ機能が衰えると、筋力低下、失神、息切れが起こります。特に高齢者では、心不全や胸痛が起こります。きわめてまれに、心房細動や心房粗動、あるいは非常に重度の心疾患をかかえている人で、ショック(非常に血圧が低くなった状態)(ショックを参照)が起こることがあります。

心房細動と心房粗動は、症状から疑われ、心電図検査で確定されます。

治療

心房細動と心房粗動の治療は、心室の収縮速度を制御して、正常洞調律を回復させ、不整脈を引き起こす病気を治すために行います。血栓や塞栓の形成を防ぐ抗凝固薬も投与します。

心房細動や心房粗動に対する治療の第1段階は、心臓がより効率よく血液を送り出せるように心室の拍動を遅くさせることです。たいていの場合、最初に投与する薬は、心室への電気刺激の伝導を遅くさせる作用があるジゴキシンです。しかし、ジゴキシンでは十分な効果が得られないことが多く、別の薬が必要となります。そのような場合には、プロプラノロールやアテノロールなどのベータ遮断薬(ベータ‐ブロッカー)、あるいはベラパミルやジルチアゼムなどのカルシウム拮抗薬を使用します。

心房細動も心房粗動も、自然に正常洞調律に戻ることがあります。しかし、これらの不整脈は、積極的に正常洞調律に戻さなければならないことがよくあります。その場合、アミオダロン、プロパフェノン、ソタロールなどの抗不整脈薬も効果はありますが、心臓に電気ショックを与える除細動が、最も効果的な方法です。ただし、どのような方法を用いても、不整脈が長びけば長びくほど(特に6カ月以上)、心房が肥大すればするほど、原因となっている心疾患が重症になればなるほど、正常洞調律に戻る可能性は低くなります。また、このような状況で正常洞調律に戻り、不整脈を正常洞調律に戻すような再発予防薬を服用していたとしても、再発のリスクは高くなります。

心房細動に対するすべての治療が無効な場合には、高周波焼灼術という方法で房室結節の一部を破壊することもまれにあります。この方法は、心臓内に挿入したカテーテルの電極から高周波エネルギーを与えるもので、心房細動や心房粗動がある場合、心室拍動を遅くすることができます。しかし、これでも効果が得られない場合は、高周波焼灼術を全房室結節に適用し、心房から心室への伝導を完全に遮断します。このような場合には、恒久的な人工ペースメーカーが心室を拍動させるために必要となります。心室粗動の場合、高周波焼灼術を粗動回路を遮断するために用いることで、永久的に正常洞調律を取り戻すことができます。この方法は約85%の人で成功しています。

普通、原因となっている病気を治療しても、心房性不整脈が軽減することはありません。しかし、甲状腺機能亢進症の治療や、心臓弁障害や先天性心疾患に対する手術療法では、効果が得られることもあります。

心房細動や心房粗動が正常洞調律に戻ると、心臓から血液のかたまりが押し流され、脳卒中を起こすリスクがきわめて高くなります。心房細動や心房粗動がみられ、血液のかたまりを形成する危険因子が1つ以上ある場合は、脳卒中を起こす危険性があるため、抗凝固薬を投与します。血液のかたまりを形成する危険因子としては、加齢、高血圧、糖尿病、左心房肥大、僧帽弁障害(心臓弁障害: はじめにを参照)といった心疾患などがあります。正常洞調律に即座に戻す必要がない場合、抗凝固薬を4週間投与してから、心房細動や心房粗動を制御するために除細動を行う方法が推奨されます。しかし、特別な理由によって抗凝固薬を使用できない場合もあります。たとえば、高血圧を調節できていない場合や出血性の疾患がある場合は、抗凝固薬を使用できません。抗凝固薬療法は出血を起こす可能性があるため、出血性脳卒中や手術後の過剰出血などといった出血性合併症を引き起こす可能性があるからです。このため、医師は、個々の患者についての利益とリスクを考慮する必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件