メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

心室細動

-
-

心室細動は、多数の無秩序な電気刺激によって引き起こされる非常に速くて無効な心室の収縮が致死的に生じる不整脈です。

写真

心電図:心室細動

心電図:心室細動

心室細動では、心室は単に細かくふるえるだけで収縮しません。心臓から血液が送り出されなくなるため、心室細動は一種の心停止といえます。心室細動は、即座に治療しなければ死に至ります。

心室細動の最も一般的な原因は、心臓発作の間に生じる冠動脈疾患による心筋への血流不足です。そのほかの原因としては、冠動脈疾患やほかの疾患の結果起こるショック(重度の低血圧)( ショックを参照)、感電、溺水、低カリウム血症(血液中のカリウム濃度が非常に低い状態)、ナトリウムやカリウムの働きに拮抗する薬といった、心臓の電気刺激に影響を及ぼす薬(不整脈の主な治療薬を参照)などがあります。

症状と診断

心室細動が起こると数秒のうちに意識がなくなります。治療しなければ、患者は普通、けいれんし、酸素が脳へ行かなくなるため、約5分後には不可逆的な脳障害が生じ、まもなく死亡します。

突然、虚脱状態になり、顔が青白くなって、瞳孔が拡大し、脈が触れなくなり、心拍が停止して、血圧が測れなくなると、心停止と診断されます。心電図検査によって、心停止の原因は心室細動であることが確認されます。

治療

心室細動は、きわめて緊急に治療する必要があります。心肺蘇生術(CPR)はできる限り速く、2〜3分のうちには開始しなければなりません。続いて胸部に電気ショックを送る除細動をできるだけ早く行う必要があります。正常な洞調律を維持するために、抗不整脈薬を投与します。

心臓発作後の2〜3時間以内に心室細動が起こった場合、患者にショックや心不全がみられなければ、ただちに除細動を行えば正常洞調律への回復率は95%で、予後も良好です。ショックや心不全は、心室に重大な損傷があることを意味します。このような場合は、ただちに除細動を行っても、正常洞調律への回復率はわずかに30%で、蘇生された患者の70%が機能を回復することなく死亡しています。

心室細動からの回復に成功し、生存していても、再び発作を起こす危険性があります。心室細動が治療可能な病気により引き起こされている場合は、その病気を治療します。さもなければ、薬を投与して再発を予防するか、除細動器を外科的に埋めこみ、再発したら電気ショックを与えて正常洞調律に修正できるようにします。

個人情報の取扱いご利用条件