メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ペースメーカー部機能不全(洞不全症候群)

-
-

心臓の生体ペースメーカー部(洞房結節)の機能不全は、心拍を持続的に遅くしたり(洞性徐脈)、正常なペースメーカー部の活動を完全に停止させたり(洞停止)します。ペースメーカー部の活動が停止すると、心臓の別の部位がペースメーカーの機能を引き継ぎます。この部位は、代償ペースメーカー部と呼ばれ、心房内の下方、房室結節内、電気刺激伝導路内、さらに心室内にもあります。

すべてのペースメーカー部機能不全は、高齢者で多くみられます。特定の薬と甲状腺機能低下症は、ペースメーカー部機能不全症を引き起こします。しかし、ペースメーカー部機能不全の原因はほとんど不明です。原因不明のペースメーカー部機能不全は、洞不全症候群と呼ばれます。

洞不全症候群の重要なサブタイプは、徐脈頻脈症候群です。この症候群では、心拍リズムが遅くなる徐脈の期間と、心房細動や心房粗動など心房由来の不整脈がみられる頻脈の期間が交互にみられます。

症状と診断

ペースメーカー部機能不全の多くは、症状がありません。持続性の徐脈では、筋力低下と疲労がよくみられます。心拍が非常に遅くなると失神します。頻脈は、しばしば動悸として感じられます。頻脈が停止し、正常洞調律に再び戻る過程で、ペースメーカー部の反応がゆっくりしているときに失神が起こります。

脈が遅い、特に不規則で遅いとき、個人の活動に変化がないにもかかわらず、脈が大きく変動するとき、あるいは運動中で脈が速くならないときは、ペースメーカー部機能不全が疑われます。ペースメーカー部機能不全の診断は、症状と心電図検査(心血管系の病気の症状と診断: 心電図検査を参照)、特にホルター心電図で24時間記録した心拍リズムの状態の結果に基づいて行います。

治療

症状がある患者は、心拍数を増加させるために、普通、恒久的な人工ペースメーカーを埋めこみます。頻脈もみられる場合は、ベータ遮断薬やカルシウム拮抗薬のような心拍数を減少させる薬(主な降圧薬を参照)が必要になることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件