メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

僧帽弁逸脱

-
-

僧帽弁逸脱とは、左心室が収縮するたびに弁尖が左心房内に突き出る障害で、心房内へ少量の血液が漏出(逆流)することもあります。

僧帽弁逸脱は人口の約2〜5%にみられます。重度の心臓障害を起こすことはまれです。

症状と診断

僧帽弁逸脱はほとんど症状がありません。まれに、構造的な障害というだけでは説明しがたい症状がみられます。たとえば、胸痛、頻脈、動悸(異常な心拍の自覚)、片頭痛、疲労感、めまいなどです。また、立ち上がったときに、血圧が低くなることもあります(起立性低血圧)。

僧帽弁逸脱は、聴診で特徴的なクリック音を認めることにより診断されます。左心室が収縮するときに心雑音が生じる場合、逆流と診断されます。心エコー検査(心血管系の病気の症状と診断: 心臓超音波検査とその他の超音波検査を参照)では逸脱の状態を確認でき、逆流の重症度を評価することができます。

治療

僧帽弁逸脱では、治療が必要になることはほとんどありません。心拍が速すぎる場合には、ベータ遮断薬(ベータ‐ブロッカー)を投与して心拍を遅くし、動悸やその他の症状を軽減します。

逆流も存在していれば、心臓弁の細菌感染症(感染性心内膜炎)にかかる危険性がわずかにあるため、外科的処置、歯科的処置、内科的処置(予防的な抗生物質の投与を必要とする処置を参照)の前に、抗生物質を服用しなければなりません。

個人情報の取扱いご利用条件