メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

三尖弁逆流

-
-

三尖弁逆流(三尖弁閉鎖不全)は、右心室が収縮するたびに三尖弁を通過する血液が漏出(逆流)する状態です。

右心室が収縮して血液を肺へ送り出すたびに、血液の一部が右心房に逆流するため、右心房内の血液量が増加します。その結果、右心房は拡張し、右心房に入る静脈の血圧が上昇して、体から心臓へ流れる血流への抵抗が生じます。

三尖弁逆流は普通、右心室が拡大し、右心室から肺に行く血流への抵抗が強まる結果、起こります。この抵抗は、肺気腫や肺高血圧症のような重症で長期にわたる肺の病気や、狭くなった肺動脈弁(肺動脈弁狭窄)によって増大します。代償機構として、右心室はさらに激しく血液を送り出すために拡張して肥厚し、弁の開口部は大きく伸びて開きます。

そのほか、より少ない原因としては、心臓弁の感染症(感染性心内膜炎)、フェンフルラミンの使用、三尖弁の先天異常、外傷、粘液腫性変性(弁の張りが徐々に失われる先天性疾患)があります。

症状と診断

三尖弁逆流は、体力低下や疲労感のような漠然とした症状を引き起こします。これらの症状が生じるのは、心臓が送り出す血液の量が少なくなるからです。そのほかの症状は、首の拍動感と、腫大した肝臓による右上腹部の不快感だけです。これらの症状は、血流が心臓から静脈へ逆流することによって生じます。右心房の拡張は、急速で不規則な拍動(心房細動)を引き起こします。最終的に、心不全を発症し、体、主に脚に体液がたまります。

診断は、病歴と診察所見、心電図検査、胸部X線検査の結果に基づきます。聴診では、血液が三尖弁を逆流するときに生じる特徴的な心雑音が聞かれます。心エコー検査(心血管系の病気の症状と診断: 心臓超音波検査とその他の超音波検査を参照)は、逆流が生じている弁と逆流している血液量を描出できるため、逆流の重症度を評価できます。

治療

普通、三尖弁逆流は、ほとんど、あるいはまったく治療する必要はありません。しかし、肺気腫、肺高血圧症、あるいは肺動脈弁狭窄のような基礎疾患は、治療が必要です。三尖弁逆流の結果生じる心房細動や心不全の治療には、三尖弁に対する手術は普通、必要ありません。

個人情報の取扱いご利用条件