メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

三尖弁狭窄

-
-

三尖弁狭窄は、三尖弁の開口部が狭くなり、右心房から右心室への血流に対する抵抗が増している状態です。

何年もたつと、狭くなった弁の開口部を通る血流が部分的に遮断されて心房内の血液量が増加し、右心房が拡張します。同様に、この増加した血液量は、肺を除く全身から心臓へ血液を戻す静脈の血圧を上昇させます。しかし、右心房から入ってくる血液の量が少なくなるので、右心室は縮みます。三尖弁逆流がまれに起こります。

ほとんどすべての三尖弁狭窄は、北アメリカ、オーストラリア、西ヨーロッパではあまりみられないリウマチ熱によって起こります。まれに、右心房の腫瘍(しゅよう)や結合組織疾患によって、あるいはよりまれな場合として、心臓の先天異常によって起こることもあります。

症状は、普通は軽度です。動悸、首のふるえによる不快感、肌が冷たくなる、疲労感などがあります。静脈内の血圧の上昇によって肝臓が肥大すると、腹部に不快感が生じます。

聴診では、三尖弁狭窄に特有の心雑音が聞かれます。胸部X線検査では右心房の拡張が認められます。心エコー検査( 心血管系の病気の症状と診断: 心臓超音波検査とその他の超音波検査を参照)では、狭くなった弁の開口部と、弁を通過する血液の量が描出されるため、狭窄の重症度を評価できます。心電図検査(心血管系の病気の症状と診断: 心電図検査を参照)では、右心房の拡張を示す変化が確認できます。

三尖弁狭窄は、修復手術が必要になるほど悪化することはまれです。

個人情報の取扱いご利用条件