メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肺動脈弁狭窄

-
-

肺動脈弁狭窄とは、肺動脈弁の開口部が狭くなり、右心室から肺動脈への血流に対する抵抗が増している状態です。

成人ではまれな肺動脈弁狭窄は、普通、先天異常(先天異常: 肺動脈弁狭窄を参照)によって起こります。狭窄が明らかな場合、大きな心雑音が生じることから、小児期に普通は診断されます。重度の肺動脈弁狭窄では、小児期に心不全を起こすこともありますが、普通は成人期まで症状はみられません。

この障害のある年少児では、ほぼ心臓手術が必要です。成人や年長児では、バルーン弁形成術を実施します。この手法では先端にバルーンのついたカテーテルを静脈から心臓内にまで挿入し、弁の開口部を伸ばして開きます。弁のちょうど内部でバルーンをふくらませて、癒着した弁尖をはがします。

個人情報の取扱いご利用条件