メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

大動脈は、直径が約2.5センチメートルもある最も太い動脈で、左心室から受け取った酸素の豊富な血液を、肺を除いた全身の組織へ送り出します(肺は右心室から血液を受け取ります)。心臓から出た大動脈はすぐに腕と頭へ向かう動脈を分枝すると弧を描いて下行し、さらに数本の動脈を分枝しながら下腹部に至ります。下腹部に入った大動脈は骨盤の上端で2つに分かれて腸骨動脈となり、脚へ血液を供給します。

大動脈の障害には動脈壁の弱くなった部分がふくらむ動脈瘤(どうみゃくりゅう)と、動脈壁の膜がはがれる解離があります。これらの障害は直接死につながる危険がありますが、発症するまでに何年もかかります。動脈瘤は他の動脈でもみられます。

個人情報の取扱いご利用条件