メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

静脈は全身の臓器から心臓へ血液を戻します。大きな動脈と並行して走る大きな静脈は、しばしば動脈と同じ名前がついていますが、動脈系の経路と比べて静脈系の経路をたどるのは困難です。名前もついていない細い静脈は多数集まって不規則なネットワークを形成し、太い静脈につながっています。

多数の静脈、特に腕や脚の静脈には1方向に開く弁が備わっています。各弁は2枚のふた(尖あるいは小葉)から成り、先端が合わさって閉じるようになっています。心臓へ向かって流れる血液は、この弁を1方向に開く両開きの扉のように押し開けます。重力や筋肉の収縮によって血液に逆向きの力が加わったり、血液が静脈を逆流しはじめたりすると、2枚の尖が押し戻されて弁が閉じ逆流を防ぎます。つまり、これらの弁は血流が心臓へ向かっているときには開き、血流が逆流しそうになったときには閉じて、血液が心臓に戻るのを助けています。

静脈に損傷を与える主な障害には炎症、凝固形成、静脈拡張や静脈瘤をもたらす欠損などがあります。特に障害されやすいのは脚の静脈ですが、これは立っているときに脚の静脈内の血液が心臓へ戻るには重力に逆らって上へ向かって流れなくてはならないためです。

脚には、皮膚の下の脂肪層にある表在静脈と、筋肉内にある深部静脈があります。連結静脈という短い静脈が表在静脈と深部静脈をつないでいます。

深部静脈は血液を上方へ送る主要な役割を担っています。深部静脈の1方向弁は血液が逆流するのを防ぎ、深部静脈を取り囲む筋肉は静脈を圧迫して、あたかも歯磨き粉のチューブから歯磨きをしぼり出すように血液を上方へ流す手助けをします。強靭なふくらはぎの筋肉は特に重要で、1歩ごとに深部静脈を力強く圧迫します。脚から心臓へ向かう血液の90%以上は深部静脈によって運ばれます。

静脈の1方向弁

静脈の1方向弁

1方向弁は、互いに先端が合わさる2枚のふた(尖または小葉)から成ります。これらの弁は血液が心臓へ戻る手助けをします。血液は心臓へ向かって流れているため、この弁尖を両開きのドアのように押し開きます(左の図)。重力によって血液が引き戻されたり、血液が逆流しはじめたりすると、押された弁が閉じるため逆流を防ぐことができます(右の図)。

表在静脈は血液を心臓へ運ぶのに、わずかな役割しか担っていません。表在静脈にも深部静脈と同様の弁が備わっていますが、表在静脈は筋肉に取り囲まれていません。したがって、表在静脈を流れる血液は筋肉の作用で押し上げられることがなく、深部静脈の血液よりもゆっくりと流れます。表在静脈を流れる血液のほとんどは、深部静脈と表在静脈をつなぐ多数の連結静脈を通って深部静脈に流れこみます。表在静脈から深部静脈へ向かう血液は、連結静脈の弁を通過できますが、逆方向へ向かう血液は通過できません。

個人情報の取扱いご利用条件