メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

動静脈瘻

-
-

動静脈瘻(どうじょうみゃくろう)とは、動脈と静脈との間にできた異常な連絡通路のことです。

正常であれば、血液は動脈から毛細血管を通って静脈に流れます。動静脈瘻があると血液は直接動脈から静脈へ流れ、毛細血管を迂回してしまいます。動静脈瘻には、出生時に形成されている先天性動静脈瘻と、生まれた後に形成される後天性動静脈瘻とがあります。

先天性動静脈瘻はまれですが、後天性動静脈瘻はけがの種類にかかわらず、並行して走っている動脈と静脈が損傷を受けた場合にできることがあります。典型的なのはナイフや弾丸による貫通性のけがです。動静脈瘻はすぐに生じることも、2〜3時間後に生じることもあります。血液が周辺の組織に漏れ出している場合は、患部が急速に腫れ上がります。

腎臓透析などの一部の治療は、毎回静脈に針を刺す必要があります。繰り返し刺すうちに、静脈に炎症が起こり血栓ができます。最終的には瘢痕組織ができて静脈が破壊されることがあります。この問題を避けるために、腕の隣接している静脈と動脈の間に動静脈瘻を意図的に形成する場合もあります。この方法では静脈が拡張するため容易に針を挿入できるようになり、血液の流れを速めることができます。血液の流れが速くなると血栓が形成されにくくなります。大きな動静脈瘻とは異なり、このような意図的に作られた小さな動静脈瘻は心臓病をもたらすことはなく、必要がなくなった場合には閉じることもできます。

症状と診断

先天性の動静脈瘻が皮膚表面近くにあると、赤みがかった青色に腫れて見えます。顔など目立つ部位にある場合は、紫色がかって見え、見た目がよくありません。

大きな後天性の動静脈瘻を治療せずに放置すると、強い圧力によって大量の血液が動脈から静脈網に流れこみます。静脈壁はこの強い圧力に耐えられるほど丈夫ではないため、静脈は拡張してふくらみ、場合によっては静脈瘤のような状態になることもあります。加えて、血液は動脈を通る正常な経路よりも、拡張した静脈の方が抵抗なく流れるため、結果として血圧が低下します。この血圧低下を代償するために心臓はより速くより力強く血液を送り出さなければならなくなり、心拍出量が大幅に増加します。増大した負荷は心臓を痛めつけ、最終的には心不全が起こります。動静脈瘻が大きければ大きいほど、心不全が早く発症します。

大きな動静脈瘻の上に聴診器をあてると、医師には機械の音のような特徴的なブランコ音が聞こえます。この音は機械様雑音とも呼ばれています。診断を確定して動静脈瘻の大きさを確認するにはドップラー超音波検査を行います。大動脈と大静脈など、より深部の血管での動静脈瘻の診断にはMRI検査が有用です。

治療

小さな先天性動静脈瘻は、レーザー凝固療法で切除あるいは排除できます。瘻は実際には皮膚表面から見えるよりも大きいことがあるため、この治療法は熟練した血管外科医が行う必要があります。特に眼、脳、あるいはその他の重要な器官の近くにある動静脈瘻は、治療が難しくなります。

後天性の動静脈瘻の場合は、診断でき次第、急いで手術を行って修復します。手術の前に、放射線を通さない造影剤を注射してX線検査で瘻の外形をはっきりと確認するための血管造影検査(心血管系の病気の症状と診断: 末梢血管造影検査を参照)を行います。脳内に生じた瘻のように、手術で容易に到達できない場合には、血栓を形成させて動静脈瘻を通る血流をふさぐ、複雑な注入治療技術が行われることもあります。たとえば、静脈と動脈が接合するさまざまな部位の瘻に、コイルやプラグを挿入します。この治療法はX線下で位置を確認しながら行うもので、切開して手術を行う必要はありません。

個人情報の取扱いご利用条件