メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

静脈系と同様にリンパ系も全身の体液を運んでいます。リンパ系は薄い壁のリンパ管、リンパ節、2本の集合管から成り立っています(感染症から体を守るリンパ系を参照)。リンパ管は体全体に分布し、毛細血管よりは太いですが、ほとんどは最も細い静脈よりも細くなっています。ほとんどのリンパ管には静脈にみられるような弁が備わっており、凝固作用のあるリンパ液を1方向に流れるようにしています。リンパ管は毛細血管の非常に薄い壁からしみ出た液体を排出します。この液体にはタンパク質、ミネラル、栄養素などの物質が含まれており、組織に栄養を供給します。しかし、この液体はほとんどが毛細血管に再吸収されます。再吸収されずに残った液体が、リンパ液として細胞を囲む隙間からリンパ管に入り、最終的には静脈に戻ります。リンパ管は組織液に混ざっている傷ついた細胞、癌(がん)細胞、細菌やウイルスなどの異物も集めて運搬します。

リンパ液はすべて戦略的に配置されたリンパ節を通過し、ここでリンパ液から傷ついた細胞、癌細胞、異物をこし取ります。リンパ節は、これらの細胞や異物を飲みこんで破壊する特殊な血球も産生します。このように、リンパ系は傷ついた細胞を体から排除し、感染症や癌が広がるのを防ぐという重要な機能を果たしています。

リンパ管は集合管へ、集合管は鎖骨の下にある2本の鎖骨下静脈へリンパ液を注ぎこみます。2本の鎖骨下静脈は合流して上大静脈となり、上半身の血液を心臓へ送ります。

リンパ系はリンパ液の量が過剰になったり、リンパ管やリンパ節が腫瘍(しゅよう)によって閉塞したり炎症を起こしたりすると十分に機能できなくなります。

個人情報の取扱いご利用条件