メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

リンパ節炎

-
-

リンパ節炎とは、1カ所またはそれ以上の、腫れと圧痛を伴うリンパ節の炎症のことです。

写真

リンパ節炎

リンパ節炎

リンパ節炎の原因はほぼ感染症で、細菌、ウイルス、原虫、リケッチア、真菌によって起こります。皮膚、耳、鼻、眼の感染症がリンパ節に拡大するというのが典型的で、伝染性単核球症、サイトメガロウイルス感染症、レンサ球菌感染症、結核、梅毒などがあります。これらの感染症は多数のリンパ節に広がることも、一部のリンパ節にとどまることもあります。

症状と診断

感染したリンパ節は腫大し、普通は圧痛と痛みを伴います。場合によっては、感染したリンパ節周辺の皮膚が赤くなり熱を帯びます。ときには膿瘍(膿がたまったくぼみ)が発生することもあります。痛み、圧痛、発赤を伴わないリンパ節の腫大は、リンパ腫、結核、ホジキン病などの重症疾患を示唆します。そのようなリンパ節があれば、診察を受ける必要があります。

リンパ節炎は症状から診断でき、原因は近くの組織で起きている感染症であることが明らかです。原因が容易に特定できない場合は、生検(組織標本を採取して顕微鏡で検査する)と培養を行って、感染を起こしている微生物を同定し、診断を確定する必要があります。

治療と経過の見通し

治療は感染を起こした微生物によって異なります。細菌感染症の場合は、抗生物質を静脈注射か経口で投与します。炎症を起こしたリンパ節の痛みは温湿布によって軽減できます。普通、感染症を治療すればリンパ節は徐々に縮小して痛みは消えます。腫大したリンパ節が硬くなって残ることもありますが、もはや圧痛は感じなくなります。膿瘍は外科的に排膿する必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件