メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

呼吸器系

-
-

呼吸器系は鼻と口から始まり、気道を通って肺へと続きます。空気は鼻と口から呼吸器系へと入り、のど(咽頭[いんとう])、のどぼとけを通り、声帯のある喉頭(こうとう)を通過します。喉頭の入り口は小さなふた(喉頭蓋[こうとうがい])で覆われており、ものを飲みこむときには自動的に閉じて、食べものや飲みものが気道に入るのを防ぎます。

一番太い気道は気管で、気道はさらに左右の気管支へと2つに枝分かれします。左右の気管支は、それぞれが左右の肺につながっています。左の肺は、心臓が左の胸部にあるため、右の肺より少し小さくなっています。肺はそれぞれ葉と呼ばれる部分に分かれており、右肺は3葉、左肺は2葉から成り立っています。

肺および気道の内部

肺および気道の内部

気管支は、より細い気道(細気管支)へと、次々と枝分かれします。細気管支は最も細い気道で、直径は0.5ミリメートルしかありません。気道全体は、おおまかにみると木を逆さまにした形に似ています。呼吸器系の中で、気道部分を「気管支の樹」と呼ぶこともあります。また、気道は弾力性に富んだ、線維性の結合組織である軟骨によって筒状に保たれています。気道を取り巻く筒状の筋肉は、伸びたり縮んだりできるので、気道内部の広さが変えられます。

細気管支の先端には、数千もの小さな空気の袋(肺胞)があります。肺を構成する数億という肺胞の総表面積は、100平方メートル以上になります。肺胞の壁の内部は、細い血管(毛細血管)が密集した網状の組織になっています。空気と毛細血管の間の壁が非常に薄いため、酸素は肺胞内から血液中へ、また二酸化炭素は血液中から肺胞内へと移動できるのです。

肺全体と胸壁の内側を覆っている胸膜は、すべすべした膜です。呼吸しながら私たちが動き回っても、肺はなめらかに動きます。2層の胸膜の間には、わずかな量ですが、潤滑液があります。そのため、肺が形や大きさを変えても、2層の膜はそれぞれがなめらかに動くことができます。

個人情報の取扱いご利用条件