メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

呼吸リハビリテーションとは、慢性的な肺の病気をもつ患者のために作られたプログラムです。その最大の目標は、このプログラムに取り組む患者が、できる限り自立して活動できるようになり、さらにその状態を維持することです。ほとんどの呼吸リハビリテーションプログラムは、慢性閉塞性肺疾患の患者のニーズにこたえるものですが、その他の肺の病気にかかっている患者にも効果があります。70歳以上の高齢者を含め、どの年齢層にも効果があります。

呼吸リハビリテーションプログラムは、生活の質(QOL)が悪化するほど重度の息切れを起こす患者や、日常生活に支障を来すほど体を動かすことができない患者、肺の病気で何回も入院や救急外来への受診を繰り返す患者に効果があります。リハビリテーションプログラムが順調に進むと、息切れの軽減や行える運動量の増加、気分の改善、入院期間の長さや回数の減少などがみられ、患者の生活の質は著しく向上します。しかし、より長期に生存できるようになるなどの効果はありません。

これらのプログラムは普通、外来診療の場や患者の自宅で行います。入院患者は専用のリハビリテーションセンターで行います。入院患者向けのプログラムは主に、重度の肺疾患のため入院していて、病状が回復傾向にある患者に対して行われます。こうした患者は、自宅で療養できるほどには病状が安定していないものの、集中治療室での治療は必要ありません。最も成功率の高いリハビリテーションプログラムは、呼吸リハビリテーションチーム(以下リハビリチーム)と呼ばれるさまざまなヘルスケアの専門家が協力して提供する複合的な医療です。リハビリチームは、呼吸療法士や理学療法士、看護師、医師、心理学者やソーシャルワーカー、栄養士などで構成されます。患者の多くは、こうしたプログラムに8〜12週間参加します。

酸素吸入療法や呼吸理学療法といった維持療法が、呼吸リハビリテーションと同時に行われます。維持療法は、リハビリテーションプログラムに参加していないものの、嚢胞性線維症や気管支拡張症などの慢性的な肺疾患や肺炎などの急性肺疾患のある患者にも行われます。

個人情報の取扱いご利用条件