メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

栄養学的な評価とカウンセリング

-
-

肺疾患の患者には、栄養学的な評価とカウンセリングも必要です。たとえば、重症の慢性閉塞性肺疾患の患者ではよく体重の減少がみられます。呼吸リハビリテーションプログラムは体重減少を予防し、筋力を維持させることができます。満腹状態では呼吸が苦しくなるため、食べすぎを避ける一方で、十分なカロリーを摂取できるような食事の方法を教わります。逆に、運動量が減るために体重が増える患者もいます。この場合は呼吸がいっそう困難になるため、体重を減らすプログラムが必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件