メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ベリリウム症

-
-

ベリリウム症とは、ベリリウムを含む粉塵や蒸気を吸いこんだことによって起こる肺の炎症です。

以前は、電子および化学産業や、蛍光灯の製造などに使用するためにベリリウムの採掘と分離が広く行われていました。現在は、主に航空宇宙産業やベリリウムとアルミニウムの鋳造に使用されています。これらの産業にかかわる労働者に加え、ベリリウム精製所の近くに住む人の中にも、ベリリウム症の発症がわずかにみられます。

ベリリウム症は、ベリリウムに過敏な人のみが、さらされた量が少量であっても発症するという点で他の職業性肺疾患とは異なっています。発症するのは、ベリリウムにさらされた人の約2%です。この病気は、比較的短い時間ベリリウムにさらされただけの人にも起こる可能性があります。

症状と診断

ベリリウム症には、突然発症する急性ベリリウム症があり、主に肺炎を起こします。肺は硬くなり、機能が低下します。急性ベリリウム症では、せき、呼吸困難、体重減少などの症状が急激に現れます。皮膚や眼にも悪影響を与えます。

慢性ベリリウム症では、肺の内部に異常な組織ができて、リンパ節が腫大します。せき、呼吸困難、体重減少などの症状は、ベリリウムにさらされてから、10〜20年後に少しずつ現れます。

診断は、ベリリウムにさらされた経験、症状、胸部X線検査での特徴的な変化を基に確定します。しかし、ベリリウム症の患者のX線画像は、サルコイドーシス(浸潤性肺疾患: サルコイドーシスを参照)という異なる肺疾患と似ているため、ベリリウムリンパ球増殖試験という免疫学的検査がさらに必要になります。

経過の見通し、予防、治療

急性ベリリウム症は重症になることがあります。人工呼吸器を使用し、コルチコステロイド薬を投与するなどの適切な治療を行えば、ほとんどの患者は7〜10日間で回復します。しかし重症の患者の一部は死亡します。

慢性ベリリウム症の患者の経過はまったく異なります。慢性ベリリウム症の症状は、持続しながら徐々に進行する傾向があります。肺の損傷がひどいと心臓に負担がかかり、肺性心(肺高血圧によって発症する肺性心についてを参照)と呼ばれる心不全を起こし、死亡します。内服薬のプレドニゾロンなどのステロイド薬が処方されることがありますが、一般的にあまり効果はありません。ベリリウム症は、ベリリウムにさらされないように厳重に気を配ることで予防できます。

個人情報の取扱いご利用条件