メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ガスおよび化学物質

-
-

塩素、塩化カルボニル、二酸化硫黄、硫化水素、二酸化窒素、アンモニアなど、さまざまな種類のガスが、工場の事故などで突然放出されると、肺は著しい刺激を受けます。塩素やアンモニアなどのガスは溶解しやすいので、口や鼻やのどの粘膜をただちに刺激します。肺の下部が傷害されるのは、ガスを深く吸いこんだ場合だけです。原子炉事故で放出される放射性のガスは、その後何年もたってから、肺や他の臓器に癌を発症させます。

二酸化窒素などのように、簡単には溶けないガスもあります。このため、鼻や眼の刺激感といった、ガスにさらされたことを警告する徴候がすぐには現れず、肺の奥深くまで吸いこまれやすい傾向があります。こうしたガスは細気管支炎や肺水腫を起こします。

農場で働く人に多くみられるサイロフィラー病は、サイロに貯蔵してある湿った牧草から放出される二酸化窒素を含む蒸気を吸いこんで発症します。蒸気にさらされてから遅くとも12時間後には肺に液体がたまります。病状は一時的に改善しますが、そのガスに2度とさらされなくても、10〜14日後に再発します。再発すると細気管支が傷害されます。

何らかのガスや化学物質を吸いこむと、炎症を起こすアレルギー反応を誘発し、場合によっては肺の細気管支や肺胞の内部や周囲に瘢痕化を来すことがあります。この病気を過敏性肺炎(アレルギー性肺疾患: 過敏性肺炎を参照)といいます。

少量のガスや化学物質を長期間にわたって吸入すると、慢性気管支炎になることがあります。また、ヒ素化合物や炭化水素などの化学物質を吸入すると、癌になることがあります。吸入した物質によっては、肺や体の他の部分が癌になります。

症状と診断

塩素、アンモニア、フッ化水素などの溶解しやすいガスは、ガスにさらされてから数分以内に、眼、鼻、のど、気管、太い気道などに重度のやけどを起こします。さらに、せきや喀血(かっけつ)がみられます。嘔吐や息切れもよくみられます。二酸化窒素やオゾンなどの溶けにくいガスは、ガスにさらされてから3〜4時間、ときには12時間もたってから重い息切れを起こします。

胸部X線検査で、肺水腫または細気管支炎の発症が確認できます。

経過の見通し、予防、治療

偶然、ガスにさらされた場合、ほとんどの患者が完治します。最も重い合併症は、肺感染症や細い気道に重度の瘢痕化が起こる閉塞性細気管支炎です。しかし、最近の研究で、ガスにさらされて数年たってから、肺の長期的な症状の悪化がみられることがわかってきました。

ガスや化学物質を取り扱う際に細心の注意を払うことが、こうした物質にさらされないための最も良い予防策です。ガス漏れ事故に備えて、きれいな空気を独自に供給できるガスマスクを用意すべきです。農場の労働者は、サイロ内の有毒ガスに偶然さらされる危険性とその致死性について理解しておく必要があります。

酸素吸入療法は、ガスにさらされた人に対する最も重要な治療法です。肺の損傷がひどい場合は、人工呼吸器(呼吸不全: 人工呼吸器の使用を参照)が必要になることもあります。気道を広げる気管支拡張薬、点滴、抗生物質なども有用です。プレドニゾロンなどのステロイド薬は、肺の炎症を軽減するために使用します。

個人情報の取扱いご利用条件