メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

好酸球性肺炎

-
-

好酸球性肺炎は、肺好酸球浸潤症候群ともいいます。好酸球性肺炎とは、肺や血流の中に増加した多数の好酸球(白血球の1種)が現れる肺疾患の総称です。

好酸球は肺の免疫反応にかかわっています。多くの炎症反応やアレルギー反応の際に好酸球の数は増加し、たとえば喘息(ぜんそく)では特定の好酸球性肺炎が高い頻度で合併します。細菌、ウイルス、真菌などが原因の典型的な肺炎とは異なり、好酸球性肺炎では肺胞に感染は生じません。しかし、肺胞および多くの気道に好酸球が充満します。血管壁にも好酸球は浸潤し、喘息が起こった場合は狭くなった気道に粘液がたまって気道がふさがってしまうことがあります。

肺に好酸球が蓄積する正確な理由はまだわかっていません。アレルギー反応を起こす物質が特定できないことも少なくありません。しかし、好酸球性肺炎の原因としては、ペニシリン、アミノサリチル酸、カルバマゼピン、ナプロキセン、イソニアジド、ニトロフラントイン、クロルプロパミド、トリメトプリム‐スルファメトキサゾールといったスルホンアミドなどの特定の薬剤、ニッケルなどの化学物質の蒸気、アスペルギルス‐フミガーツスなどの真菌、回虫、線虫などの寄生虫が知られています。

症状と診断

症状は、軽い場合も生命にかかわる場合もあります。単純性好酸球性肺炎(レフラー症候群)や、これに似た線虫の1種のフィラリアが体内に侵入して発症する熱帯性好酸球性肺炎では、症状はあったとしても微熱や軽い呼吸器症状です。せき、喘鳴、息切れも起こしますが、すぐに回復します。急性好酸球性肺炎という別の病気では、血液中の酸素濃度が著しく低下します。治療をしなければ、数時間から数日で急性呼吸不全を起こします。

慢性好酸球性肺炎は、数週間から数カ月間かけてゆっくりと進行し、重症化します。治療しなければ、生命にかかわる息切れを起こします。

急性好酸球性肺炎は、検査で血液中に大量の好酸球が認められ、正常値の10〜15倍にもなることがあります。しかし、慢性好酸球性肺炎では血液中の好酸球数は正常です。

胸部X線検査では、肺に肺炎特有の白い斑点が現れます。しかし細菌やウイルスによる肺炎とは異なり、急性好酸球性肺炎は再びX線検査を行うと、斑点が急速に現れたり消えたりするという特徴があります。対照的に、慢性好酸球性肺炎では、主に肺の外側部分に位置する斑点が同じ場所にみられます。

喀痰(かくたん)や気管支鏡検査で採取した肺胞の洗浄液を顕微鏡検査で調べると、好酸球のかたまりがみられるのが特徴です。真菌や寄生虫への感染を調べるために他の検査も行います。このような検査には、便のサンプルの顕微鏡検査などがあります。また、患者が服用している薬剤が原因である可能性も検討します。

経過の見通しと治療

好酸球性肺炎が軽度の場合、治療をしなくても回復することがあります。急性好酸球性肺炎では、プレドニゾロンなどのステロイド薬が必要です。慢性好酸球性肺炎では、数カ月間から数年間にわたってプレドニゾロンの服用が必要になる場合があります。喘鳴が起きたときは、喘息と同じ治療(喘息: 予防と治療を参照)が行われます。寄生虫などが原因であれば、それに適した薬で治療します。薬剤が原因のときは、その薬の服用を中止します。

個人情報の取扱いご利用条件