メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

-
-

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症は、肺炎によく似た症状をもつアレルギー性肺疾患です。喘息や、好酸球を伴う気道や肺の炎症、血液中の好酸球数の増加などが特徴です。

この病気は、真菌に対するアレルギー反応によって発症し、原因として最も多いのはアスペルギルス‐フミガーツスです。この真菌は土壌で繁殖し、植物、食べもの、粉塵、水を腐敗させます。この真菌を吸いこむと感作され、アレルギー性喘息を起こします。このほか、ペニシリウムカンジダカーブラリアヘルミントスポリウムなどの真菌も、同様の病気を起こします。気道や肺にもっと複雑なアレルギー反応が起こる場合もあります。

この病気は細菌、ウイルス、大部分の真菌が起こす典型的な肺炎とは異なり、実際に真菌が肺に侵入したり組織を直接破壊することはありません。真菌は気道内に喘息性粘液のかたまりを形成し、肺に周期的なアレルギー性の炎症を起こします。肺胞の大部分は好酸球で充満します。粘液を産生する細胞数が増加することもあります。病気が進行すると、炎症によって主な気道が不可逆的に広がってしまうことがあり、これを気管支拡張症(気管支拡張症を参照)といいます。最終的に肺は瘢痕化を起こします。

他のアスペルギルス症も発症します。アスペルギルスは肺に侵入し、免疫系に障害のある人に重い肺炎を起こします。この病気は感染症で、アレルギー反応ではありません。真菌は、結核などの他の病気ですでに損傷を受けている肺の空洞や嚢胞の中に、アスペルギルス腫と呼ばれる球状のかたまりを形成します。この真菌のかたまりは主に肺出血を起こし、しばしば喀血や息切れを引き起こすほど重いことがあります。

症状と診断

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症で最初にみられるのは、喘鳴、息切れ、微熱など、喘息と同じ進行性の症状です。体調は優れず、吐き出したたんには茶色っぽい斑点やかたまりが混じっていることがあります。

胸部X線検査を繰り返し行うと、肺炎に似た所見が得られますが、多くは肺の上部に現れ、毎回位置が変わります。病気が長びくと、胸部X線検査やCT検査で、気道が粘液で詰まり、拡張しているのがわかります。たんを顕微鏡で調べると、過剰な好酸球とともに、真菌そのものが認められます。血液検査では、好酸球とアスペルギルスの抗体の増加が認められます。皮膚試験でアスペルギルスに対してアレルギーがあるかどうかはわかりますが、その試験で、患者がアレルギー性気管支肺アスペルギルス症なのか、アスペルギルス症ではないアレルギー性喘息などで生じるアスペルギルスに対する単純なアレルギーなのかどうかは区別できません。

治療

アスペルギルスは自然界にたくさん存在するため、この真菌を避けることは困難です。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療には、ステロイド薬などの喘息治療薬(喘息の主な治療薬を参照)が使われます。喘息治療薬は気道を広げるため、粘液のかたまりをせきで吐き出しやすくなり、真菌も除去できます。ステロイド薬のプレドニゾロンを、最初は服用量を多くし、その後長期間にわたり少量服用することで、肺の損傷が進むのを防ぎます。この病気に吸入ステロイド薬は効果がないため、ほとんどの専門家は経口ステロイド薬を勧めます。抗真菌薬のイトラコナゾールは有効な場合があります。アレルゲンを注射する脱感作という治療法は合併症を起こすため勧められません。

肺の損傷は特に目立った症状が出ないまま悪化していくため、医師は定期的に胸部X線検査、肺機能検査(肺と気道の病気の症状と診断: 肺機能検査を参照)、免疫グロブリンEなどの免疫グロブリンの抗体価の測定などを行います。病状が安定するにつれて抗体価は低下しますが、再び上昇した場合は再発の徴候です。

個人情報の取扱いご利用条件