メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢による影響

-
-

30歳ごろから、男女ともに骨密度が低下してきます。特に閉経後の女性は急速に骨密度が低下します。その結果、特に高齢者では骨がもろくなり、骨折しやすくなります(骨粗しょう症を参照)。

年をとるにつれて、関節の軟骨部分や結合組織が変化して、さまざまな影響が出ます。関節内の軟骨がすり減ったり、軟骨の成分(プロテオグリカン)が変化することにより、関節の弾力性が低下したり、損傷を受けやすくなります。年をとると、若いころに比べて関節の表面の滑りが悪くなる人もいます。この状態から、やがて変形性関節症(変形性関節症を参照)になることがあります。さらに、靭帯や腱の結合組織が硬くもろくなり、関節が硬くなってきます。この変化によっても関節の動く範囲が制限されます。

サルコペニア(筋肉量の減少)は30歳ごろから始まり、生涯を通じて進行していきます。この過程では、筋肉組織の量と筋線維の数や大きさが徐々に減少し、その結果、筋肉量が除々に低下し、筋力も低下します。ただし、筋肉量の減少と筋力の衰えは、定期的に運動をすることでその一部を食いとめたり、進行を遅らせることができます。筋線維の種類によっては加齢による影響に差があります。筋線維には、収縮速度が速いものと遅いものがあり、前者の量は後者よりも早く減少します。このため、高齢者では筋肉の収縮速度が遅くなります。

個人情報の取扱いご利用条件