メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

転移性骨腫瘍

-
-

転移性骨腫瘍(骨転移)は、体の別の部位にできた腫瘍が骨へ転移したものです(癌についての基礎知識: 癌はどのように発生し広がるかを参照)。乳腺、肺、前立腺、腎臓、甲状腺などの癌が骨に転移します。癌は、どの部位の骨にも転移する可能性がありますが、普通はひじや膝よりも末梢側には転移しません。

癌がある人や、過去に癌治療の経験がある人に骨の痛みや腫れが出現したときは、転移性骨腫瘍の検査をします。放射性トレーサーを使用した骨スキャン検査やX線検査で腫瘍の部位を確認します。転移性骨腫瘍は、もとの癌(原発癌)が見つかる前にその症状から発見されることがあります。症状は、腫瘍によってもろくなった部位の疼痛や骨折(病的骨折)です。生検の病理所見は、もとの癌を診断する手がかりとなります。癌を発症した組織のタイプが顕微鏡検査で確認できるためです。

治療は、骨転移した癌の種類によって異なります。化学療法が適しているもの、放射線療法が適しているもの、併用療法が適しているもの、どちらの治療も適さないものがあります。骨の固定手術を行って骨を安定させることで、病的骨折を防げる場合もあります。もとの癌(原発癌)を切除できて骨転移も1つの骨に限局していれば、外科手術と放射線療法または化学療法との併用、あるいは外科手術と放射線療法と化学療法という3つの併用が、治癒的となることがあります。

個人情報の取扱いご利用条件