メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

強直性脊椎炎

-
-

強直性脊椎炎は脊椎や大きな関節の炎症で、こわばり感と疼痛を引き起こします。

この病気の発症は男性が女性に比べて3倍多く、そのほとんどが20〜40歳で発症しています。原因は不明ですが、家族性で、遺伝的因子が関与していると思われます。両親または兄弟姉妹が強直性脊椎炎である人は、そうでない人の10〜20倍多く発症します。

症状

一般に、軽度から中等度の炎症の再燃と、ほとんど無症状の時期が交互に現れます。

ほとんどの症状は背部痛ですが、激しさは人によって異なり、また同じ人でも発作によって痛みの程度はさまざまです。疼痛は夜や朝に悪化することがあります。早期のこわばり感は体を動かすと改善することもよくみられます。腰痛やそれに伴う筋のれん縮は、前屈するとしばしば和らぎます。このため、この病気の人はしばしば前屈姿勢になり、その体勢が固定してしまいます。このほか、脊椎が著しく真っすぐになり、硬直してしまう人もいます。

背部痛に伴って食欲不振、体重減少、疲労感、貧血などがみられます。肋骨と脊椎をつなぐ関節に炎症が認められれば、深呼吸しようとしても痛みのせいで胸が拡張できなくなります。ときおり、股関節、膝関節、肩関節などの大きな関節から痛みが始まります。

患者の3分の1は軽度の眼の炎症を繰り返し発症しますが、通常は視力は損なわれません。少数の患者では、大動脈弁の炎症が永久的な弁の損傷を起こします。もし損傷を受けた脊椎によって神経や脊髄が圧迫されると、その神経の支配域でしびれ、脱力、疼痛が生じることがあります。まれに馬尾症候群(馬尾症候群とはを参照)を合併します。

診断

症状のパターンと脊椎や侵された関節のX線検査を基に診断をします。このときX線画像では、脊椎と寛骨の間にある関節(仙腸関節)の侵食や脊椎のこわばり感の原因となっている椎骨間の骨橋が認められます。赤血球沈降速度の値が高ければ、炎症を起こしている可能性があります。特異的遺伝子であるHLA-B27は患者の約90%に認められますが、この遺伝子は健康な白人の約6〜7%に認められるため、決定的な診断材料とはなりません。

経過の見通しと治療

多くの人では多少の機能障害は残るものの、普通の生産的な生活を送ることができます。中には、症状がどんどん進行して重度の変形を来すこともあります。

治療は背部や関節の疼痛を軽減することと脊椎の変形を予防し、改善することに重点をおいて行います。非ステロイド性抗炎症薬(関節リウマチとその他の炎症性関節炎: 経過の見通しと治療を参照、痛み: 非ステロイド性抗炎症薬を参照) を使用して痛みと炎症を軽減すると、ストレッチや深呼吸など姿勢を保つために重要な運動がしやすくなります。スルファサラジンは背部痛よりも関節痛を抑えます。腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬であるエタネルセプトやインフリキシマブは痛みと炎症を軽減します。

ステロイド薬は脊椎よりも眼や関節の炎症に対して短期間に限って使用されます。筋弛緩薬やオピオイド鎮痛薬は、激しい痛みや筋れん縮を改善するために一時的にのみ使用されます。股関節や膝関節に侵食が生じたり、曲がったままで固定してしまった場合には、関節を置換する手術で痛みを軽減し、機能を維持します。

治療の長期的な目標は適切な姿勢でいられるようにすることと背筋が十分に強くなるようにすることです。毎日の運動で筋肉を強化し、曲がっている方向とは反対の方向に動かします。たとえは、本を読んでいるときなどにうつぶせになってひじで支える姿勢は、1日のうち何回か取る姿勢です。この姿勢では背中が伸びていて、背骨の曲がりすぎを予防することができます。

個人情報の取扱いご利用条件