メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

偽痛風

-
-

偽痛風は、軟骨や関節液にピロリン酸カルシウム結晶が沈着する病気で、痛みのある関節炎を間欠的に起こします。

偽痛風は通常高齢者に起こり、男女の差はありません。

原因と症状

なぜピロリン酸カルシウムの結晶が関節に沈着するかはわかっていません。副甲状腺ホルモン値の上昇によって血液中のカルシウム濃度が異常に高い人(副甲状腺機能亢進)、組織内に鉄の濃度が異常に高い人(ヘモクロマトーシス)、血液中のマグネシウム濃度が異常に低い人(低マグネシウム血症)など、他の病気がある人に起こることがありますが、偽痛風患者の大半は、これらの病気や状態はみられません。この病気は遺伝性の場合もあります。

症状は多岐にわたっています。一部の患者では、痛みを伴う関節炎の発作は、膝や手首など比較的大きな関節に起こります。別の患者では、腕や脚の関節に慢性の痛みやこわばりが長びくため、関節リウマチと混同されがちです。偽痛風の発作は痛風発作よりも軽症ですが、痛風同様に熱が出ます。発作と発作の間は痛みを感じないという人もいれば、関節に大量の結晶が沈着しているのに痛みがまったくないという人もいます。痛風とは異なり、偽痛風では結節は生じません。

診断

医師は、炎症を起こしている関節の関節液を針で吸引して診断をつけます。関節液には、尿酸結晶よりもピロリン酸カルシウム結晶が認められます。これらの結晶は偏光顕微鏡で判別できます。ピロリン酸カルシウム結晶のかたまりは、尿酸結晶と異なり放射線を通さないため、X線検査によっても判別できます。

経過の見通しと治療

炎症を起こした関節は問題なく完治することもありますが、多くの場合、永続的な損傷が残り、中には関節がひどく破壊されるため、シャルコー関節(痛まずに悪化するシャルコー関節を参照)と混同されてしまうことがあります。

通常、治療により急性発作を止めて、次の発作を予防することが可能ですが、関節へのダメージを防ぐことはできません。ほとんどの場合、COX-2阻害薬を含む非ステロイド性抗炎症薬(痛み: 非ステロイド性抗炎症薬を参照)を使用して、関節の痛みと炎症を抑えます。発作中はコルヒチンを静注して関節の炎症と痛みを軽減し、新たな発作を予防するために毎日低用量のコルヒチンを経口で投与することがあります。ときには、過剰な関節液を抜き取って、炎症を抑えるためにステロイド懸濁液を関節に注射します。長期にわたって治療を継続できる薬はありませんが、理学療法(筋肉強化運動や関節可動域訓練)は有用です。

個人情報の取扱いご利用条件