メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ガングリオン

-
-

ガングリオン(ガングリオン嚢胞[のうほう])は、手や手首にできるゼリー状の腫瘤です。

ガングリオンは、20〜50歳で多く発症するのが典型的です。男性よりも女性が3倍多く発症します。最もできやすいのは手首の甲側で、このほか、手のひら側の手首や、指の手の甲側、表皮から数ミリ下の、粘液嚢胞と呼ばれる場所にもみられます。

なぜ、ガングリオンが手首にできやすいのかはわかっていませんが、過去のけがにも関係していると考えられています。指にできるガングリオンは、指先の関節の関節炎に関連しています。

ガングリオンは、硬く円形もしくは楕円形の袋状の腫瘤で、皮膚の表面から盛り上がっています。その中には透明でゼリー状の粘性物質が含まれています。痛みはありませんが不快感を感じます。医師による手の診察によって、容易に診断されます。

ガングリオンの中には、自然に消えるものもあり、その場合は治療は必要ありません。しかし、外見状の問題があったり、不快感があったり、大きくなり続けるようであれば、ゼリー状の物質を注射器と針で吸引して取り除くことができます(患者の50%)。その後、不快感をなくすため、コルチコステロイド懸濁液を注射することもあります。テーブルのような硬いものの上に手を置き、分厚い本でたたいてガングリオンをつぶすといった、昔ながらの治療法は有効性の根拠がなく、けがをするおそれがあるので、勧められません。約50%の人では、手術でガングリオンを切除する必要があります。手術後、約5%は再発します。

個人情報の取扱いご利用条件