メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

手根管症候群

-
-

手根管症候群は、手首を通っている正中神経が圧迫されて痛みを生じる病気です。

手根管症候群は、正中神経が圧迫されることによって起こります。正中神経は、手首の手のひら側の手根管と呼ばれる部位を通っており、手の親指側に分岐しています。腫れを起こすなど、さまざまな理由で線維組織の束により手根管が圧迫を受けます。

この病気は珍しいものではなく、特に女性に多く発症します。片手または両手に起こります。ねじ回しを使うときのように、手首を伸ばした状態で繰り返し力を入れる動作を要求される人は、特にリスクが高くなります。コンピューターのキーボードを使うときの姿勢が悪い場合も発症しやすくなります。振動する道具を長い間使用する場合にも手根管症候群を起こすことがあります。妊娠中の女性や、糖尿病、甲状腺機能の低下、痛風、関節リウマチのある人もこの病気のリスクが上昇しています。

パソコン使用時の正しい姿勢

パソコン使用時の正しい姿勢

コンピューターのキーボードを使うときには、姿勢が悪いと手根管症候群になることがあります。これを予防するには、手首が自然に伸びた状態を保つことが必要です。これには、ひじから先を真っすぐに伸ばし、手が前腕よりもやや低くなるようにします。手の方が高い位置で、手首を曲げてはいけません。キーボードを比較的低い位置に置いて、手がひじよりもいくぶん下になるような状態を保ちます。リストパッドを使って手首を支えるのも良い方法です。

正中神経が圧迫されることによって現れる症状は、親指、人差し指、中指の知覚異常、しびれ、ヒリヒリする感覚、痛みです。ときには腕や肩に痛み、熱感、ヒリヒリする感覚が生じます。就寝中の手の位置によっては、痛みがひどくなることもあります。時間とともに、動かさないでいる手の親指側の筋力が低下し、萎縮していきます。

診断は主に侵された手首と手の診察によります。手術の前に、手根管症候群が問題を起こしていることを確認するために、神経伝導試験(脳、脊髄、神経の病気の診断: 神経伝導試験を参照)を行います。

手首を伸ばしすぎないことと、正中神経を圧迫しないことが最善の治療です。手首用のそえ木で手を自然な位置に固定したり(特に夜間)、コンピューターのキーボードを適切な角度に調節することも有用です。基礎疾患の関節リウマチや甲状腺機能低下症などを治療すると、手根管症候群の症状が改善することもあります。

ステロイド懸濁液を手根管に注射すると長期にわたって症状が軽減します。痛みがひどい場合や筋萎縮や筋力低下が認められる場合は、手術で正中神経の圧迫を取り除くのが最適な方法です。外科医は正中神経を圧迫している線維組織を切り離します。

個人情報の取扱いご利用条件