メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

撓骨管症候群

-
-

撓骨管(とうこつかん)症候群は、腕の後ろ側、前腕、ひじを走っている撓骨神経の分枝が圧迫された状態です。

撓骨神経がひじで圧迫される原因には、外傷、ガングリオン、脂肪腫(非癌性)、骨腫瘍、周囲の滑液包や筋肉の炎症などがあります。

撓骨神経が圧迫された結果、前腕の上部や手の甲に、切られるような、または突き刺すような痛みがあります。手首を伸ばしたり手を広げようとすると痛みます。感覚障害は認められませんが、それは撓骨神経は基本的に筋肉につながっているからです。この病気はバックハンドテニスひじ(上腕骨外側上顆炎(スポーツ障害: 上腕骨外側上顆炎を参照))としばしば混同されます。

撓骨神経への圧迫を取り除き、症状を早く改善するためには、手首を回したり、ひじを曲げるのを避けるべきです。手首の筋力が低下し、手首が下に下がってしまう下垂手が認められた場合は、外科手術で撓骨神経の圧迫を取り除くことが必要となります。

個人情報の取扱いご利用条件