メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

陥入爪

-
-

陥入爪(かんにゅうそう)は、足の爪の縁が周囲の皮膚に食いこんだ状態です。

変形した足の爪が皮膚に向かって成長したり、爪の周囲の皮膚が異常に早く成長して爪の一部を巻きこんだりすると、陥入爪になります。足に合わない窮屈な靴をはいていたり、爪を水平に切らずに角を丸くカーブして切ってしまうと、陥入爪を引き起こしたり、悪化させます。

陥入爪は初期は無症状ですが、次第に痛むようになります。特に陥入した部分が圧迫されると痛みは激しくなります。患部は、赤くなり熱感を伴います。治療しなければ感染を起こしやすくなります。感染を起こすと、その部分が痛み赤く腫れて、膿がたまった水疱ができ(爪周囲炎)、やがて破れて中から膿が出てきます。

軽い陥入爪は切り取ることができます。そのとき、爪の端をそっと持ち上げて、腫れが引くまで爪の下に滅菌した綿を詰めます。治療が必要なものは、局所麻酔(リドカインなど)をして、陥入した部分の爪を切って取り除きます。これで炎症は治まり、普通は再発もありません。

個人情報の取扱いご利用条件