メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

外反母趾と腱膜瘤

-
-

外反母趾(がいはんぼし)は、親指が変形した状態で、親指の付け根は外側に向けてふくらみ、指先は小指側に向いて曲がります。腱膜瘤は、親指の付け根の関節にある滑液包(液体を含んだ袋)が腫れて痛む状態で、外反母趾によって起こります。

外反母趾の原因は足に合わない靴をはくことですが、家族性に発症する傾向があります。女性の靴はファッションを優先して足に合わないことが多いため、この変形は女性に多く発症します。

腱膜瘤を伴った外反母趾

腱膜瘤を伴った外反母趾

外反母趾とは、足の親指の付け根が外側に飛び出した状態をいいます。このとき足の親指の先は、第2指側に曲がっています。腱膜瘤とは、親指の付け根にある少量の液体を含んだ袋(滑液包)が炎症を起こし、痛みと腫れを伴うものです。腱膜瘤は、外反母趾が原因で起こります。

外反母趾になると、親指の付け根が外側に向けてふくらむため、足の幅が広くなります。親指の偏移が起こるため、指先は小指の方を向いてしまいます。その結果、親指の付け根が中足骨頭につながる部分が、足の内側に隆起します。このふくらみの下には滑液包があります。滑液包は靴との摩擦で刺激を受けるため、こぶの下で腫れて次第に大きくなります。このような病態を腱膜瘤といいます。靴との摩擦による腱膜瘤の刺激が持続すると、骨も増殖や滑液包の腫れを増大させ、ますます足の幅が広くなります。

外反母趾と腱膜瘤は、足の診察所見から診断します。X線検査では、外反母趾の程度を確認します。

痛みはステロイド薬と局所麻酔薬の混合液を注射して治療します。腱膜瘤を保護するパッドをつけたり、患部の圧迫を減らすように調整された靴をはくと痛みも軽減します。重度の痛みを伴う腱膜瘤や重度の外反母趾は、外科手術で足指の位置を矯正します。

個人情報の取扱いご利用条件