メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

体を正常に動かすためには、筋肉、滑液包、腱(けん)、骨などが健康な状態で正しく機能していることが必要です。筋肉は収縮によって動作を生み出し、腱によって骨とつながっています。滑液包は、少量の関節液(滑液)を含んだ平らな袋で、皮膚、筋肉、腱、靭帯(じんたい)などと骨がすれる部分にあり、衝撃を吸収してまさつを減らし、関節の動きをなめらかにする働きがあります。

筋肉、滑液包、腱は、スポーツによって損傷することがあります(スポーツ障害: はじめにを参照)。けが、使いすぎ、感染症、ときには病気によって一時的または永久に損傷を受けることがあります。損傷は痛みを起こし、動作のコントロールを制限し、関節の可動域を狭くします。

個人情報の取扱いご利用条件