メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

上腕骨内側上顆炎

-
-

上腕骨内側上顆炎(フォアハンドテニスひじ、野球ひじ、スーツケースひじ)は、手首を内側(手のひら側)に曲げるときに使う腱を傷めた状態で、前腕の手のひら側のひじから手首にかけて痛みを生じます。

この障害は、手首を過剰な力で手のひら側に曲げることによって起こります。このような力を生じる要因としては、肩や手の筋肉が弱い、テニスでサーブを強打したりオーバーハンドサーブやトップスピンサーブをする、濡れて重くなったボールを打つ、ラケットが重すぎるかグリップが細すぎる、ラケットのガットの張りが強すぎる、野球の投球、やり投げ、ゴルフの一部のスイング、重いスーツケースの持ち運びなどが挙げられます。痛みがあるのにその運動を続けると、腱が骨からはがれてしまい、出血を起こすことがあります。

ひじの手のひら側と前腕の小指側に痛みがあり、抵抗に逆らって手のひら側へ手首を曲げたり、硬いゴムボールを握りしめると、この部分に痛みが生じます。診断を確定するには、患者はいすに座り、手のひらを上に向けて腕をテーブルに載せます。医師が手首を上から押さえつけた状態で、患者が手首を上に曲げようと力を入れます。これによって痛みが生じれば、上腕骨内側上顆炎と診断されます。

手首を手のひら側に曲げたり、小指が体側に来るように手首をひねる動作など、痛みを引き起こすすべての活動を避ける必要があります。障害が治癒したら、患部の筋肉と、手首や肩の筋肉を強化します。手術が必要となることはまれです。手術は、外側上顆炎の場合に行われることの方が多く、治癒を早める目的で、筋肉から瘢痕化した組織を切除する方法(ニルシュル法)が行われます。

手首の筋肉を強化する運動

  • バックハンドテニスひじ(上腕骨外側上顆炎)には
    • テーブルの横でいすに座ります。けがをした側の前腕を、手のひらを下にしてひじを伸ばし、手首と手はテーブルの端から出た状態にしてテーブルの上に載せます。手に約450グラムのウエートを持ち、ゆっくりと手首を曲げ伸ばししてウエートを上下させます。これを10回行って1分間休憩するのを1セットとし、さらに2セット行います。もし痛みを感じたらすぐに中止し、翌日に改めて行ってみます。この運動は1日おきに行います。楽にできるようになってきたら、ウエートの重さを増やします。
    • ほうきの柄ほどの太さの棒に、約450グラムのウエートをひもで結びつけます。手のひらを下に向けてこの棒を握り、腕をひねってウエートを持ち上げます。これを10回行いますが、もし痛みを感じたら中止します。この運動は1日おきに行います。回数は増やさずに、ウエートの重さを徐々に増やします。
    • ひじを曲げて手の甲をテーブルにつけ、指を曲げて指先を体の方に向けます。そして、手の甲をテーブルにつけたままゆっくりとひじを伸ばし、その姿勢を10秒間維持します。これを10回繰り返します。ひじを伸ばしていって痛みを感じたら、そこで動きを止めて10秒数えるようにします。
  • フォアハンドテニスひじ(上腕骨内側上顆炎)には
    • テーブルの横でいすに座ります。けがをした側の前腕を、手のひらを上にしてひじを伸ばし、手首と手がテーブルの端から出た状態にしてテーブルの上に載せます。手に約450グラムのウエートを持ち、ゆっくりと手首を曲げ伸ばししてウエートを上下させます。これを10回行って1分間休憩するのを1セットとし、さらに2セット行います。もし痛みを感じたらすぐに中止し、翌日に改めて行ってみます。楽にできるようになってきたら、ウエートの重さを増やします。
    • ほうきの柄ほどの太さの棒に、約450グラムのウエートをひもで結びつけます。手のひらを上に向けてこの棒を握り、腕をひねってウエートを持ち上げます。これを20回行いますが、もし痛みを感じたら中止します。回数は増やさずに、ウエートの重さを徐々に増やします。
    • 柔らかいスポンジ製のボールを手に持ち、そっと握ったりゆるめたりする運動を1日に数回行います。

個人情報の取扱いご利用条件