メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

末梢神経

-
-

末梢神経系は、1000億本以上の神経細胞からなり、糸のように全身に張り巡らされ、脳と体のその他の部分をつなぎ、また神経同士でもつながっています。末梢神経は、神経線維の束でできていて、直径の大きさにより、さまざまな速度でインパルスを伝えています。

末梢神経系には、体性神経系と自律神経系の2つの系があります。体性神経系は、意識的にコントロールできる筋肉(随意筋または骨格筋)と皮膚にある感覚受容器を、脳や脊髄につなぐ神経からなっています(感覚受容器は、神経線維の末端が体の中と周囲にある情報をとらえるために特化したものです)。

神経細胞の典型的な構造

神経細胞の典型的な構造

神経細胞(ニューロン)は、大きな細胞体と神経線維、インパルス(電気信号)を伝える1本の長い突起(軸索)、インパルスを受け取る数多くの枝(樹状突起)で構成されています。1つ1つの大きな軸索は、脳や脊髄では希突起グリア細胞に、末梢神経系ではシュワン細胞に囲まれています。これらの細胞には、ミエリンと呼ばれる脂肪(リポタンパク)の膜があり、この膜が軸索に何層にもしっかりと巻きついて、髄鞘をつくっています。髄鞘はちょうど電線を覆う絶縁体のようなものです。神経のインパルスは、髄鞘がある神経の方が、ない神経よりもずっと速く伝わります。もしも、この髄鞘が損傷を受けると、神経伝達が遅くなったり、止まったりします。

自律神経系は、脳幹や脊髄と内臓をつないでいる神経系で、心臓の収縮速度、血圧、呼吸数、胃酸の分泌量、食物が消化管を通過する速度など、体内で進行する意識的な努力を必要としないプロセスの調節を行っています。自律神経系には、交感神経系と副交感神経系があります。これらは互いに協力して働き、通常は一方が活発になっているときは、他方は活動を抑制して、内臓に働きかけます。交感神経系の主な機能は、戦闘や逃避などの、ストレスの多い緊急の状況に対して体を準備させることです。副交感神経系の主な機能は、普通の状況に体を対応させることです。たとえば、交感神経系は脈拍、血圧、呼吸数を増加させますが、副交感神経系はそれらを減少させます。

脳神経と脊髄神経: 眼、耳、鼻、のど、頭、首、体幹のさまざまな部分と脳をつないでいる神経は、脳神経と呼ばれ、これらは12対あります(脳神経の障害: はじめにを参照)。脊髄と体の他の部分をつないでいる神経は脊髄神経と呼ばれ、脳はこの脊髄神経を通じて、体のほとんどの部分と情報のやり取りをしています。脊髄神経は全体で31対あり、脊髄に沿って間隔を空けながら配置されています(脊髄損傷: はじめにを参照)。脳神経のいくつかと大部分の脊髄神経は、末梢神経系の体性神経と自律神経の両方を含んでいます。

脊髄神経は、椎骨の間のスペースを通って、脊髄から出ています。それぞれの神経は、2本の短い枝(脊髄神経根と呼ばれる)に分かれ、1つは脊髄の前から、もう1つは脊髄の後ろから出ています。運動神経である前側の神経は、脳と脊髄からの指令を体の他の部分に、特に骨格筋に伝えます。感覚神経である後側の神経は、体の部分からの感覚に関する情報(体の位置、明るさ、触感、温度、痛み)を脳へ運びます。感覚神経は、それぞれがデルマトーム(皮膚知覚帯)と呼ばれる、体のある特定の領域からの情報を運んでいます(デルマトームを参照)。

脊髄を出た後、何本かの脊髄神経が絡み合って、神経叢(しんけいそう)と呼ばれる神経のネットワークを形成しています。この神経叢では、さまざまな脊髄神経の神経線維が並べ替えて再び組み合わされます。これによって、体の特定領域に出入りしているすべての神経線維が、1本の神経にまとめられます(神経叢:神経の配電盤を参照)。

個人情報の取扱いご利用条件