メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢による影響

-
-

脳: 脳の機能は、通常、人が子供から大人へ、さらに老人へと年齢を重ねていくのにしたがって、変化していきます。子供時代には、思考力と判断力が着実に伸びるため、複雑な技術をどんどん習得していくことを可能にしています。大人になってからの大半の期間は、脳の機能は比較的安定した状態を保ちます。個人差はあるものの、ある年齢を超えると、一般に脳の機能は低下します。異なる機能が、異なる時期に影響を受けます。短期記憶と新しいことを覚える能力が、比較的早く低下する傾向があります。語彙や用法などの言語能力は、70歳ころに低下し始めます。知的能力、すなわち情報処理能力は(処理速度は関係なく)、神経に障害がない限り、普通は80歳まで維持されます。反応速度と作業能率は、脳が神経電気信号を迅速に処理できなくなるため、落ちていきます。しかし、加齢による脳機能の影響を、高齢者に多いさまざまな病気の影響と区別することは困難です。これらの病気には、うつ病、脳卒中、甲状腺の活動低下(甲状腺機能低下)、そしてアルツハイマー病などの脳の変性疾患があります。

その人の健康状態による個人差は非常に大きいものの、通常は人は年をとるにしたがって、脳の神経細胞の数が減少していきます。神経細胞の数が減るにつれ、残っている神経細胞の間では新しい結合がつくられます。これらの結合は、失われた神経細胞の能力を補うのに役立ちます。これに加え、脳は正常に機能するのに必要な数以上の細胞をもっており、この特性を余剰性(リダンダンシー)と呼んでいます。余剰性は、加齢と病気によって起こる神経細胞の損失を補うのに役立っています。さらに、脳のいくつかの領域では、老年期においてさえ新しい神経細胞がつくられることがあります。

年をとると、脳への血流も平均20%減少します。血流の減少は、脳への動脈がアテローム動脈硬化に侵された人(脳血管障害)で大きくなり、これは喫煙、高コレステロール、糖尿病、高血圧などに関連しています。これらの病状による血流の減少は、脳の神経細胞が早い時期に失われてしまう原因になります。それにしたがって脳の機能も早期に低下します。

脊髄: 年をとるにしたがい、脊椎の骨が過剰に増殖して、脊髄を圧迫することがあります。その結果、脊髄にある軸索の数が減って、感覚機能も低下します。

末梢神経: 年をとるにしたがって、末梢神経が信号を伝える速度も落ちていきます。普通、この影響は小さいため、機能的に目立った変化は起こりません。また、末梢神経系の損傷の修復反応も低下します。若い人では、末梢神経の軸索が損傷を受けると、細胞体に損傷がない限り、神経は自分で傷を治してしまいます。この自己修復は、高齢者では若い人よりも速度が遅く、修復力も完全ではありません。高齢者が病気やけがに弱いのは、このためです。

個人情報の取扱いご利用条件