メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

神経学的検査によって、脳、脊髄(せきずい)、および神経の病気を見つけることができます。また筋収縮は神経の刺激によって起こるため、この検査で筋肉の障害が見つかることもあります。神経学的検査は、病歴と、精神状態の判定を含む身体所見の、大きく2つの要素があります。必要に応じて、診断を確定するための検査や、他の病気を除外するための検査が行われます。

神経学的検査は、患者の行動に焦点をあてる精神医学的検査とは異なりますが、多少オーバーラップする面があるのは、異常行動が脳の身体的状態を知る手がかりになることが多いためです。

個人情報の取扱いご利用条件