メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

乗り物酔い

-
-

乗り物酔い(車酔い、船酔い、列車酔い、飛行機酔いなど)とは、乗り物で移動する際の動きによって起こる一連の症状、特に吐き気を指します。

乗り物酔いは、脳が運動センサーから矛盾した情報を受け取ると起こります。運動センサーとは眼、内耳の半規管(バランス調節機能を補助している)、体の位置情報を脳に伝えている筋肉センサーを指します。乗り物酔いの多くは、船旅で船が揺れているときに起こります。また、車や遊園地の乗り物などに乗っているときにも起こります。もともと乗り物酔いしやすい人もいますが、恐怖心や不安感があったり換気が悪いときには、乗り物酔いしやすくなります。

症状と診断

症状は、比較的突然に始まります。吐き気、全身の不快感、回転性めまい、頭痛、疲労が現れます。顔が青ざめ、汗が出、気持ちの悪いほてりを感じはじめます。しばしば嘔吐するほか、唾液の量が増え(嘔吐する前兆であることが多い)、呼吸が速く深く(過換気)なります。過換気は、失神を引き起こします。吐き気と嘔吐は脱力感をもたらします。嘔吐が長びくと、血圧が下がり脱水症状が起きます。乗り物の動きが止まったり乗り物から降りると、症状は徐々に治まってきます。また、船旅などの長期の移動では、(最近の船には船の揺れを抑える安定装置が取り入れられているため)通常は次第に揺れに慣れてきて船酔いしなくなります。

乗り物酔いは、起きたときの状況とその症状に基づいて、診断されます。

予防と治療

予防が鍵になります。それには、次のような方法があります。

  • 揺れが少ない座席を選ぶ(車の前部座席、飛行機の翼の上あたりの座席、船の前方や中間のキャビン、船上デッキなど)。
  • 頭と体をできるだけ動かさないようにする。
  • 顔を前方に向けて座り、体を後ろにもたれかける。
  • 水平線など、遠くにある動かないものを見続ける。
  • 本を読まない。
  • 窓を開ける、通気口を開ける、船上デッキに出るなどして新鮮な空気を吸う。
  • 飲酒と喫煙をしない(ともに吐き気がひどくなる)。
  • 脂肪が少なくデンプン質の食品を少量食べ、においの強い食物や味の濃い食品を食べない。
  • 特に小型飛行機などでの短時間の飛行中は飲食しない。

乗り物酔いになりやすい人は、旅行前に医師から市販の良い薬を教えてもらったり、医療用の薬を処方してもらうとよいでしょう。乗り物酔いの薬にはシクリジン、ジメンヒドリナート、ジフェンヒドラミン、メクリジン、ペルフェナジン、スコポラミンなどがあります。これらはすべて眠気を誘う薬ですが、乳幼児には逆に興奮を引き起こすおそれがあるので、医師の指導なしに与えるべきではありません(市販薬: 乗り物酔いの薬を参照)。

乗り物酔いの症状が出たときには、ソーダクラッカーを食べたり、ジンジャーエールなどの炭酸飲料を飲むとよいでしょう。吐き気のために、乗り物酔いの薬の中で唯一皮膚のパッチ剤があるスコポラミンは、他の経口薬より役立ちます。必要なら薬を注射することもあります。

個人情報の取扱いご利用条件