メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

過睡眠

-
-

過睡眠は、睡眠時間が非常に多くなることです。

過睡眠は不眠ほど多くありませんが、過睡眠になると合計睡眠時間が少なくとも25%以上増えている日が数日以上続きます。しばらく睡眠を取れない日が続いたり、体を酷使したりした後に、数日長く眠ってしまうような場合は、昼でも夜でも過睡眠ではありません。そのような状況で多めに眠るのは、正常な反応です。

過睡眠は、神経障害(脳炎、髄膜炎、脳腫瘍など)、心臓や肺の病気、肝不全などの重大な病気を示唆していることがあります。睡眠時無呼吸や精神障害(重度の不安症やうつ病など)の症状のこともあります。青年期に始まる慢性の過睡眠は、ナルコレプシーの症状かもしれません。過睡眠はまた、睡眠補助薬の使いすぎによっても起こります。

医師は、過度に眠くなる人に対して、気分、睡眠・覚醒のリズム、薬の服用の有無について質問します。睡眠異常については、当人よりもわきで寝ている家族の方が詳しいことがよくあります。これらの異常には、いびきや呼吸の停止(閉塞性の睡眠時無呼吸が考えられる)のほかに、歯ぎしり、足をける、夢遊症などがあります。医師は心臓、肺、肝臓の検査を行って、過睡眠の原因になる病気の有無を判定します。また、神経学的検査も必要です(脳、脊髄、神経の病気の診断: はじめにを参照)。検査で記憶障害などの問題が見つかれば、神経障害が考えられます。その場合は、CT検査やMRI検査を行って神経内科医の診察を受けます。

個人情報の取扱いご利用条件